同一労働同一賃金導入が中小企業も対象となります

ページ番号1003577  更新日 令和3年10月29日

印刷大きな文字で印刷

同一労働同一賃金の導入は、同一企業・団体におけるいわゆる正規雇用労働者(有期雇用労働者、パートタイム労働者、派遣労働者)の間の理不尽な待遇差の解消を目指すものです。

今回、同一労働同一賃金を目指すパートタイム・有期雇用労働法により、大企業は2020年4月1日、中小企業は2021年4月1日より施行されます。

詳しくは下記からご覧ください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

商工観光部雇用創出課企業支援グループ
〒990-8540 山形市旅篭町二丁目3番25号
電話番号:023-641-1212(代表)内線416・418
ファクス番号:023-616-3535
koyou@city.yamagata-yamagata.lg.jp