こども医療証(乳幼児医療費(保険診療分)の給付制度)

ページ番号1002149  更新日 令和4年4月18日

印刷大きな文字で印刷

制度概要

子育て期における経済的負担を軽減するため、お子さんが医療機関で受診した医療費(保険診療分)を給付する制度です。制度の利用にはあらかじめ申請が必要です。
対象者に該当すると認められる場合「こども医療証」が交付されます。

※ただし、学校管理下での負傷又は疾病などで医療機関等を受診する場合は、こども医療証を利用できません。
学校管理下で負傷した場合などの手続きについては次のリンクをご覧ください。

対象年齢

0歳から中学校3年生

給付の範囲

外来・入院・訪問看護ステーション利用にかかる保険診療の自己負担額が無料になります。

 

医療証が適用されない医療費(以下の医療費は全額自己負担となります)

  1. 入院時の食事療養費
    ただし、住民税課税状況により減額される場合がありますので、保険証発行機関へお問い合わせください。
  2. 保険適用外の医療費
    健康診断、予防接種代、お薬の容器代、大きな病院に紹介状なしで受診する際にかかる特定療養費など

申請手続

申請の時期

出生や転入により新たに申請する場合、出生等の日から概ね1ヶ月以内に申請していただくと、出生日、転入日から適用となります。
その他の場合、申請した月の初日からの適用となります。

申請に必要なもの

  1. お子さんの健康保険証
  2. 被保険者又は扶養義務者及びお子さんのマイナンバーカードまたは通知カード(個人番号通知書)
  3. 転入された場合や被保険者又は扶養義務者が市外在住の場合、次のいずれかの書類
    • 住民税の特別徴収税額決定通知書
    • 住民税納税通知書
    • 所得課税証明書(所得控除の内訳がすべて記載されているもの)
    • 確定申告書の写し

 ※山形市の市民税課税台帳で確認できる場合やお子さんが3歳未満又は第3子以降の場合は不要です。

 ※所得課税証明書は市区町村によって名称が異なる場合がありますので、電話等でご確認いただいてからお取り寄せください。

 ※源泉徴収票、納税証明書では受付できません。ただし、住宅ローン控除等により所得税が非課税の方は、確定申告書又は源泉徴収票も所得課税証明書等と一緒にご提出ください。

 4.身元確認書類

  • 被保険者又は扶養義務者が申請する場合
    • 申請者の身元確認書類(運転免許証など顔写真付きのものは1点、健康保険証など顔写真なしのものは2点必要)※詳細については「本人確認方法について」をご覧ください。
  • 被保険者又は扶養義務者以外の代理人が申請する場合
    • 代理権を確認できるもの(任意代理人は委任状(様式は以下の添付ファイルをご覧ください)、法定代理人は戸籍謄本又は登記事項証明書)
    • 代理人の身元確認書類(運転免許証など顔写真付きのものは1点、健康保険証など顔写真なしのものは2点必要)

申請窓口

市役所1階10番窓口こども家庭支援課
この手続きは電子申請することができます。
こども医療証の電子申請は次のリンクをご覧ください

医療証が利用できなかった場合

次に該当する場合は、「こども医療証」を利用できないことがあります。

  • 山形県外の医療機関等を受診した場合
  • 医療証の適用日から交付を受けるまでの期間に支払った医療費がある場合
  • 「こども医療証」と併用できない健康保険(県外の組合国保等)に加入している場合
  • 公費負担医療制度を受けている場合

この場合、医療機関等に自己負担金をお支払いいただき、山形市へ払い戻しの申請をすることにより保険診療分の自己負担金が払い戻されます。

 

また、次に該当する場合は、加入されている保険者へ請求手続きを行い、保険者からの給付決定後にこども家庭支援課へ福祉医療の申請をしてください。

  • 健康保険証を持参せずに医療機関等を受診した場合
  • コルセットや弱視用の眼鏡等の装具を購入した場合

※山形市の国民健康保険に加入されている方は、山形市役所1階国民健康保険課へ申請後、こども家庭支援課へ申請してください。

※弱視用の眼鏡は、9歳未満のお子さんが払い戻しの対象となります。

申請に必要なもの

  1. こども医療証
  2. お子さんの健康保険証
  3. 領収書
  4. 保護者名義の通帳
    ゆうちょ銀行への振込を希望する場合は、他の金融機関からの振込用店名・口座番号が必要です。
  5. 印鑑(保護者の認印)
  6. 装具等の払い戻しの場合、次の書類
    • 健康保険の保険者が発行する健康保険にかかる払い戻し金額が記載された通知書
    • 医師の診断書または作成指示書の写し(保険請求前にコピーしてください)
    • 装具等の領収書の写し(保険請求前にコピーしてください)
  7. 高額療養費や付加給付金の給付を保険者から受けられる場合
    こども医療の払い戻し申請をする前に、保険者に請求手続きを行ってください。
    請求方法は、加入している保険者にお問い合わせください。
    この場合、こども医療の払い戻し申請には、保険者が発行する給付金の支給決定通知書が必要となります(山形市の国民健康保険に加入の方は不要です)。

申請期間

  1. 受診した月の翌月以降に、領収書を医療機関及び受診月ごとに整理していただいたうえでお持ちください。
  2. 受診した日から2年以内に申請してください。

払い戻しに要する期間

払い戻し申請から概ね2ヶ月後に指定口座に入金いたします。
入金する1週間前に福祉医療費支給決定通知書を送付いたします。

住所や保険証に変更があった場合は届出を!

次のような変更があった場合、届出が必要です。

  • 住所の変更(市外への転出・市内での転居)
  • 保険証の記載内容の変更
  • 氏の変更
  • お子さんが施設へ入所する場合

こども医療証、お子さんの健康保険証、身元確認書類をお持ちになり窓口までお越しください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

こども未来部こども家庭支援課医療係
〒990-8540 山形市旅篭町二丁目3番25号
電話番号:023-641-1212(代表)内線559・576
ファクス番号:023-624-8901
kodomofukushi@city.yamagata-yamagata.lg.jp