感染症集団発生時の報告について

ページ番号1003409  更新日 令和5年11月10日

印刷大きな文字で印刷

 山形市内に所在する社会福祉施設等でインフルエンザや感染性胃腸炎等が集団発生し、報告基準に当てはまる場合は、市の社会福祉施設等主管部局に報告するとともに、保健所にも報告をお願いします。

 なお、報告様式の提出についてはメールにてお願いします。

インフルエンザ

報告要領

 各施設区分ごと、報告基準・様式について次の報告要領で確認してください。

報告様式

保育施設

学校

高齢者等入所施設

高齢者等通所施設


インフルエンザ以外の感染症

  • 報告基準について
  1. 同一の感染症もしくは食中毒による又はそれらによると疑われる死亡者又は重篤患者が1週間以内に2名以上発生した場合
  2. 同一の感染症もしくは食中毒の患者又はそれらが疑われる者が10名以上又は全利用者の半数以上(注1)発生した場合。
  3. 1及び2に該当しない場合であっても、通常の発生動向を上回る感染症等の発生が疑われ、特に施設長が報告必要と認めた場合。

 (注1)同一の感染症等による患者が、ある時点において10名以上又は全利用者の半数以上となった場合です。

 (最初の患者等が発生してからの累計ではありませんのでご注意ください。

報告様式(感染性胃腸炎)

保育施設

高齢者等入所施設

高齢者等通所施設

報告様式(その他の感染症)

保育施設

高齢者等入所施設

高齢者等通所施設


より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康医療部健康増進課精神保健・感染症対策室感染症予防第一・二係
〒990-8580 山形市城南町一丁目1番1号霞城セントラル4階
電話番号:023-616-7274 ファクス番号:023-616-7276
seishin-hk@city.yamagata-yamagata.lg.jp