やまがたクリエイティブシティセンターQ1 9月1日オープン!

ページ番号1009930 

印刷大きな文字で印刷

概要

やまがたクリエイティブシティセンターQ1(キューイチ)は、創造都市やまがたの共創プラットフォームです。
映画をはじめ音楽やアート、デザイン、伝統工芸、食文化などさまざまな分野において優れた地域資産をもつ創造都市やまがたの拠点として2022年9月1日にオープンしました。

Q1施設情報

住所 〒990-0043 山形県山形市本町1-5-19
電話 023-615-8099
開館時間 9時00分-22時00分
休館日

年末年始(臨時休館あり)

バリアフリー設備

スロープ、エレベーター(車いす対応)、多機能トイレ、授乳室、障がい者専用駐車場

フロアマップ

アクセス

交通

  • JR山形駅から徒歩15分
  • ベニちゃんバス「本町」停留所から徒歩3分

駐車場

Q1専用駐車場(無料・22台)
  • Q1北側向かいに専用駐車場があります。
山形市中央駐車場
  • Q1までは徒歩約10分です。
  • 利用時間分(最長5時間まで)を割引いたしますので、この機会にまち歩きをお楽しみください。
  • ご利用の方は運営事務所(Q1正面入口から入って右奥)に駐車券をお持ちください。

※Q1西側に隣接する市立第一小学校の駐車場は利用できませんのでご注意下さい。

Q1周辺マップ

Q1をもっと知りたい方は

Q1って何をするところ? どんなお店が入っているの? どんなイベントがあるの?

など、より詳しい情報は下記リンクをご覧ください。

Q1(キューイチ)の名前の由来は?

「Q1」は「キューイチ」。「旧一小」に由来します。また「Q1」とは、問いのはじまりの記号でもあります。創造都市やまがたのクリエイティブ拠点として、問いつづけるという営みが活発に行われゆく場所です。昭和初期に建てられて以来、長い歴史を刻んできたこの山形市立第一小学校旧校舎は、山形市民にとって学びの記憶でありシンボルです。これまで数多くの卒業生を輩出してきたこの学舎には、今なお多くの山形市民の誇りと愛着が息づいています。Q1は、そんな旧一小の記憶と物語と愛着とを受け継ぎながら輝きつづける、古くて新しいランドマークです。

「創造都市やまがた」とは?

山形市は、平成29年に「ユネスコ創造都市ネットワーク」に映画分野で加盟認定を受けています。映像文化をはじめ、音楽、食、伝統工芸など市の多彩な文化の創造性や地域資産を活用することにより、産業や観光等の活性化を図り、持続可能な都市の発展を目指しています。

【9月3日~25日】山形ビエンナーレ開催中!

東北芸術工科大学が2年に1度、山形市中心市街地を会場に開催する芸術祭「山形ビエンナーレ」。2022年はやまがたクリエイティブシティセンターQ1も会場のひとつとなりました。

《いのちの混沌を越え いのちをつなぐ》をテーマに、アートを身近に感じられるワークショップや作品展などが開催されています。ぜひこの機会にご参加ください。

オープニングセレモニー

9月1日、オープニングセレモニーを執り行いました。

セレモニーでは、Q1を象徴したモニュメント前でのテープカットや山形一小6年生の児童による「創造都市やまがた ミッション・ステートメント」のお披露目などを行いました。

また、改修前に発見され、Q1オープンにあわせて修繕された昭和2年製のベヒシュタイン社グランドピアノのコンサートや、「Q市 ナイトマルシェ」なども開催され、初日から多くの皆様にお越しいただきました。

オープニングセレモニーの様子

ピアノコンサート

Q1ナイトマルシェ

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画調整部文化振興課
〒990-8540 山形市旅篭町二丁目3番25号
電話番号:023-641-1212(代表) ファクス番号:023-624-9618
bunka@city.yamagata-yamagata.lg.jp