アリオンテック蔵王シャンツェ(蔵王ジャンプ台)

ページ番号1002027  更新日 令和3年12月8日

印刷大きな文字で印刷

所在地
山形市蔵王温泉字柳平768
電話番号・ファクス番号
  • ワールドカップについては、大会実行委員会事務局(023-641-1212 内線633・634)まで
  • それ以外のお問い合わせ(施設へのアクセス等)は、蔵王体育館(023-694-9876)まで

施設へのアクセス

山交バス停「蔵王バスターミナル」より、徒歩20分
駐車場

ジャンプ台近隣の蔵王温泉スキー場の駐車場(土曜・日曜・祝日のみ1日1,000円・平日は無料)をご利用ください。
大会開催時は相当の混雑が予想されますので、公共交通機関をご利用ください。

備考
ノーマルヒル(HS=106m K=95m)

地図

アリオンテック蔵王シャンツェ(蔵王ジャンプ台)の地図

写真:アリオンテック蔵王シャンツェ1

写真:アリオンテック蔵王シャンツェ2

写真:アリオンテック蔵王シャンツェ3


蔵王ジャンプ台は、昭和53年の建設後、日本で初めてのインタースキーを皮切りに、3回の冬季国体、国際蔵王ジャンプ大会や女子ワールドカップ等、数多くの大会を開催してきました。これまでも数回の改修を重ねてきましたが、当初の建設から30数年を経過し劣化が著しく、ワールドカップ開催時の整備作業等においては多大な労力と危険を伴っている状況にあり、また、平成26年2月に開催された「やまがた樹氷国体」においても、安定した競技運営を行う必要があったことから、平成25年度にFIS(国際スキー連盟)の最新ルールに合わせた大規模改修を行い、最新のクーリングシステムを備えた助走路に生まれ変わりました。平成27年度には、ジャンプ台の通年利用による「競技施設としての有効活用」と、「観光資源としての活用」を目指し、平成25年度改修時未着手の着地斜面(ランディングバーン)改修とサマーヒル化工事を実施しました。また、悪天候による大会不成立のリスクを軽減するため、照明設備を設置しました。工事完了によって、FISの最新基準に則した国内唯一のサマージャンプ台となり、平成28年度の雪解け後から現在まで、サマージャンプ台としても、多くのご利用をいただいています。
平成27年12月には、施設の魅力向上を図り、地域の活性化に寄与していくことを目的として、ネーミングライツ(施設命名権)を導入しています。令和3年1月1日からは「アリオンテック株式会社」をパートナーに迎え入れ(契約期間:令和3年1月1日~令和7年12月31日)、施設の愛称を「アリオンテック蔵王シャンツェ」と命名しました。

トピックス

ジャンプ台の改修は、独立行政法人日本スポーツ振興センタースポーツ振興くじ助成金の助成を受けて行われました。
スポーツ振興くじ(toto)のページにも紹介されておりますので、こちらもご覧ください。

アリオンテック蔵王シャンツェを紹介するパンフレットを市内体育施設及び観光施設にて配布中です。
是非お手に取ってご覧ください!

関連情報

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画調整部スポーツ振興課スポーツ施設管理係
〒990-8540 山形市旅篭町二丁目3番25号
電話番号:023-641-1212(代表)内線632・636
ファクス番号:023-634-0210
taiiku@city.yamagata-yamagata.lg.jp