文化

#06 山形の新しい食/プルピエ

食べ手と産地とが対話する、 束の間の旅。

文化

#06 山形の新しい食/プルピエ

食べ手と産地とが対話する、
束の間の旅。

Play Video

 【短編エッセイ #06 山形の新しい食/プルピエ】  

 到着した駅のデッキで、茜色の空に向かって伸びをする。高揚感と空腹のせいで、あれもこれもと大雑把なリクエストをするわたしに、「ぜひ連れて行きたい“山形の入り口”があるのよ」 友人がニヤリと応えてくれた。期待を膨らませ、しばしの散歩道で話し込む。

 揺れる街灯の下でホログラムのように浮かび上がるガラス張りの外観。料理やワインを囲み満悦に包まれる店内は、つぎの料理を待つ間のソワソワした期待感さえ、そこにいる皆で共有しているかのよう。
 繁華街を抜けた先に佇む『プルピエ』は、十色の性格をもつナチュラルワインと、地の利が育む食とが出会うカンティーヌ。

 首都圏を中心に洋酒のインポーターをしていた経験から、「造り手や土壌の個性が強く映し出されるナチュラルワインのおいしさを、丁寧に伝えられる店をつくりたかった」と語る店主。「飲食店もひとつの流通であり媒体だと考えています。先入観にとらわれず、本当に良いと感じられるものをフラットな視点で伝えられたら」とも。

 ワインも食材も、できうる限り何度も生産者のもとに足を運び、納得したものを提供するのが信条だ。仲間と産地を訪ね、業者から聞き取りをし、自らの足で得た世界中のストーリーを、クリアなフィルターで自店にフィードバックしていく。
 産地や味の特徴、生産者の人柄やエピソードまでも丁寧に伝える語り口。そこには誰かからインストールされたサービスにはない、温もりがあるのだ。

「お客さんと産地とが対話するような料理を見据えていきたいです」と語るシェフ。アイデアを食べる哲学を誇示せず、いかに変化球を使わないか。季節からインスピレーションを受けた料理がジャンルを越えてテーブルにのり、ゆだねるペアリングは官能的ですらある。

「生産者との交流を深め、存在を伝え、次の世代に継いでいきたい。僕らはそのために存在したい」自然がなければ、当然作物は育たない。そこに向き合ってくれている生産者に敬意を込めた一皿は、味わいに〈想像〉という体験が加わり、それは食を通じた束の間の旅になる。

 感覚的な共有を五感で得られる店との出会いは、尊い。なぜならおいしい体験は思考となり、やがて食や農への関心に繋がっていくから。大切な人を連れて何度でも行きたくなる、あなたにとっての“山形の味”はどこだろう。

山形の新しい食/プルピエ

住所:山形県山形市桜町2-42
営業時間:18:00~1:00(24:00 LO)
定休日:月曜日(不定休あり)
お問合せ先:Facebook/InstagramのDMで。
アクセス:【車】JR山形駅から約5分。【バス】JR山形駅前より「D55 天童駅前」、「D56 山寺・芭蕉記念館」、「E12 県庁北口」、「E30 唐松観音」、「E31 宝沢」、「E32 関沢」行きのいずれかのバスに乗車(約2分)、「NHK前」バス停下車。徒歩約1分。【徒歩】JR山形駅から約10分
駐車場:なし

その他の文化

Logo_1500_kuro
yamagatashiロゴfooter300
〒990-8540 山形県山形市旅篭町二丁目3番25号 / 代表電話:023-641-1212
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分 (祝日および12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがありますので、事前にご確認ください。
〒990-8540 山形県山形市旅篭町二丁目3番25号
代表電話:023-641-1212
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝日および12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがありますので、事前にご確認ください。
Copyright © Yamagata City All rights Reserved.