現在の位置
市政情報
国際交流
友好姉妹都市
加美町はどんな町?

加美町はどんな町?

ページID : 101281
加美町は、秀峰薬莱山を仰ぐ、鳴瀬の清流に育まれた緑豊かな町です。世界有数の音響を誇るバッハホールの町としても知られています。
山形市との縁は、1356年まで遡ります。斯波兼頼公は、奥州大崎(現在の加美町)から出羽探題として、その年に山形に入部しました。その子孫は、最上を称してこの地に栄え、13代266年間山形の繁栄に尽くし、現在の山形市の基礎を作りました。
昭和40年、山形市の歴史愛好家100人余が加美町を訪れ、史跡めぐりをするなどして交流を始めました。その後も交流は深まり、平成元年7月18日友好都市締結に至りました。

<注>平成元年7月18日、山形市と(旧)中新田町で友好都市の盟約を締結した後、(旧)中新田町が合併により、平成15年4月1日から加美町となりました。友好都市の盟約は加美町に引き継がれております。

平成25年5月14日、災害時相互応援協定を締結しました。

※加美町のホームページを見る

このページの作成・発信部署