現在の位置
市政情報
まちづくり
都市政策
「蔵王温泉地区景観まちづくり講演会」を開催しました

「蔵王温泉地区景観まちづくり講演会」を開催しました

ページID : 111143


 蔵王温泉地区においては、山形市景観条例に基づく景観重点検討地区(※1)の指定を受け、同条例に基づく景観重点地区(※2)の指定を目指し、住民と行政の協働による検討の取り組みを進めています。
 取り組みの皮切りとして、蔵王温泉地区在住の方を対象に、『蔵王温泉地区景観まちづくり講演会』を開催し、市のまちなみデザインアドバイザー(※3)より、景観の概念のほか、蔵王温泉地区の景観まちづくりの方向性など、今後景観まちづくりを具体化するための考え方や注意点についてお話しいただきました。

 ※1  景観まちづくりの推進のための一体的な活動を優先的かつ計画的に行うべき区域のうち、  
    市民又は事業者が自ら積極的にその活動に取り組み、又はその活動への取組が、見込まれる
    区域として、市が指定する地区のこと。(山形市景観条例第12条)
 ※2  景観重点検討地区のうち、重点的に景観まちづくりを推進する必要があると認める区域と
    して、市が指定する地区のこと。(山形市景観条例第10条)
 ※3  山形市景観計画に定める事項やその他の景観まちづくりを推進するため、技術的又は専門
    的な助言を行う者として、市が設置する者のこと。(山形市景観条例第45条)
 

日 時

 令和2年6月2日(火) 午後1時30分から3時まで
 

場 所

 蔵王体育館(蔵王温泉103)
 

演 題

 『蔵王温泉の景観整備を考える』
 

講師(まちなみデザインアドバイザー)

 山形大学地域教育文化学部准教授
 山形大学東北創生研究所長    村松 真  氏

 

講演内容

 蔵王温泉地区景観まちづくり講演会記録(PDF形式4.1MB)
 

 

講師紹介

 プロフィール 
   1957年山形県金山町生まれ。/東北大学大学院農学研究科博士課程後期3年の課程(博士課程
  )。/博士(農学)。
   専門は地域計画学。金山町役場、農林水産省林野庁での勤務を経て、現在は山形大学地域教育
  文化学部准教授、山形大学東北創生研究所長。
 
 Works
  ・農山村における景観形成施策の特色の解明
  ・金山町における金山杉の地産地消システムの成立要因について
  ・農山村における地域計画施策の形骸化の解明  ほか 

このページの作成・発信部署