現在の位置
市政情報
まちづくり
都市政策
居心地が良く歩きたくなるまちなかづくり

居心地が良く歩きたくなるまちなかづくり

ページID : 114434

 居心地が良く歩きたくなるまちなかづくり(ウォーカブルなまちづくり)に関する情報発信のため、山形市まちづくり政策課公式インスタグラム【やまがたRe-v-ing】を開設しました。
 ・開設のお知らせ
 ・インスタグラム

ウォーカブルなまちづくり

 現在、国内外の多くの都市において、まちなかを車中心から人中心の空間へと転換する取り組みが進められています。居心地が良く歩きたくなるまちなかづくり(ウォーカブルなまちづくり)を進めることは、人々が憩い、集い、多様な活動を繰り広げられる場づくりにつながります。
 令和元年6月26日、国土交通省が設置した「都市の多様性とイノベーションの創出に関する懇談会」において、"WE DO"~Walkable,Eyelevel,Diversity,Openをキーワードとするこれからのまちづくりの方向性が打ち出され、居心地が良く歩きたくなるまちなかづくりに向けた政策実施のパートナーとして「ウォーカブル推進都市」の募集がありました。令和2年3月、山形市はこの募集に賛同し「ウォーカブル推進都市」になりました。
 

 ※ "WE DO" ~ Walkable,Eyelevel,Diversity,Open

  Walkable…歩きたくなる
  Eye level…まちに開かれた1階
  Diversity…多様な人の、多様な用途、使い方
    Open……開かれた空間が心地良い

 

市の各施策との連携

 居心地が良く歩きたくなるまちなかづくりは、市の各施策と連携しながら進めていきます。
 

 施策の例

  • 公共交通利便性向上…気軽にまちなかへ足を運び、まちなかを回遊できる
  • 消雪道路整備…………冬期間でも安全・快適に歩行できる環境整備
  • 駐車場の適正配置……駐車場入出庫車と歩行者の交錯対策
  • ウォーキングロード…歩くルートの周知、整備
  • 健康ポイント事業……楽しみながら歩いて健康づくり
 

中心市街地歩行者空間創出等事業

 居心地が良く歩きたくなるまちなかづくり(ウォーカブルなまちづくり)に関しては、都市の規模、気候などさまざまな要件で都市ごとに取り組み方が異なります。山形市では中心市街地歩行者空間創出等事業という事業名で、七日町大通りとすずらん商店街2箇所において公共空間を利活用し、歩行者や来街者の滞在空間創出の検討を行います。
 山形市が目指す『居心地の良さ』とは、近くに日陰やベンチがあり、ひと休みや読書、談笑、飲食が気軽にできる空間をつくることです。大都市に見られる肩がぶつかるような人出ではなく、日常的にパラっとした人の活動が見られるようなまちづくりを目指していきます。

           

  

令和3年度社会実験 やまがた Re-v-ing(やまがたリビング)

 居心地が良く歩きたくなるまちなかづくり(ウォーカブルなまちづくり)を進めるにあたり、下記の社会実験を実施します。実験期間中は交通規制を行うためご迷惑をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
 社会実験のお知らせ(PDF3.8MB)

        

 

 すずらん商店街における社会実験1

 ・内容  歩道の一部をテラス化(イス・テーブルの設置など)
     (交通規制:歩道の一部)
 ・場所  一般県道山形停車場下原線
     (主)山形停車場線 ~(主)山形朝日線までの間
 ・日時 7月1日~令和4年3月31日まで
     ※冬期間も実施予定。
 


 すずらん商店街における社会実験2

  ・内容  車両通行止めによる道路のテラス化(イス・テーブルの設置など)
      (交通規制:県道及び周辺市道の車両通行止め)
       ※北側区間(約100m)は車両の通行を可能とします。
  ・場所  一般県道山形停車場下原線
      (主)山形停車場線 ~(主)山形朝日線までの間
       駅前大通交差点~山形聖マリアこども園南側道路との丁字路まで
  ・日時 8月20日(金) 18:00~22:00
      8月21日(土) 18:00~22:00
      8月27日(金) 18:00~22:00
      8月28日(土) 18:00~22:00
      9月 3日(金) 18:00~22:00
      9月 4日(土) 10:0022:00 ※9/4のみ10時からとなります。
       ※終了時間を23:00から22:00へ短縮しました。

 

 七日町大通りにおける社会実験1

  ・内容 沿線のほっとなる広場周辺等にテーブル等の設置
      (交通規制:なし)
  ・日時 9月6日(月)~9月15日(水)

 

 七日町大通りにおける社会実験2

  ・内容 2車線を1車線に減少させた空間にテーブル等の設置
      (交通規制:終日車線減少、東側車線のみ通行可)
  ・場所 国道112号
      八文字屋丁字路交差点から旧大沼デパート付近までの間
      延長約150m
  ・日時 9月16日(木)~9月19日(日)
      ※荒天による予備日(9月24日(金)~9月27日(月))

 

 アンケートの実施

  それぞれの社会実験の際に、来訪者や近隣商店街の皆様にアンケートを用意しております。
  居心地が良く歩きたくなるかどうか、今後のまちづくりの方針となるアンケートとなりますので
 ご協力のほどよろしくお願いいたします。
 

Park(ing)Day(パーキングデー)

 Park(ing)Day(パーキングデー)とは、2005年に米国・サンフランシスコで始まった、路上パーキングスペースを人のための空間に変える取組みです。毎年9月第3金曜日に実施され、世界中のムーブメントになっています。
 国内においては、一般社団法人ソトノバ協力のもと、下記の都市で実践しています。
 

 開催地

 2017年 埼玉県さいたま市大宮
 2018年 静岡県沼津市
 2019年 東京都渋谷区宮益坂
 2020年 神奈川県横浜市、千葉県八千代市、三重県四日市市、
      滋賀県長浜市、岡山県倉敷市、広島県竹原市
 

Park(ing)Day2021開催

 2021年5月にPark(ing)Day2021の開催地公募があり、山形市すずらん商店街を開催地として選定していただき、下記のとおりPark(ing)Dayを実施しますので、ご理解ご協力のほどよろしくお願いたします。

 Park(ing)Day2021概要(PDF1.2MB)

 ・内容  停車帯と歩道の一部をテラス化(イス・テーブルの設置など)
     (交通規制:停車帯部と歩道の一部)
 ・場所  一般県道山形停車場下原線
     シャンティさん ~ デイアンドコーヒーさんまでの間
 ・日時 9月17日(金) 10:00~17:00    


このページの作成・発信部署