現在の位置
市民の皆さんへ
防災・消防・安全
防災
風水害に備えて

風水害に備えて

ページID : 106987

 西日本で発生した豪雨災害では、各地で河川の氾濫や土砂崩れが発生し多くの方が犠牲になりました。
 台風や前線の影響による豪雨災害は突然やってくるわけではなく、事前の準備や備えがあれば被害をなくす、あるいは軽減することができます。風水害に備え、以下のことについて確認してみましょう。
 

普段の心得

・お住まいの地域にどのような災害の危険性があるのか、ハザードマップで確認しておく
・避難が必要になった場合に備え、避難場所や避難経路を確認しておく
・排水溝のごみや泥はこまめに取り除き、水はけを良くしておく
・自宅の屋根や外壁、窓ガラスなどを日頃から点検し、不備があれば補修をする
・停電に備え、懐中電灯や携帯型ラジオなどを準備しておく
※各種ハザードマップについては、下記に掲載している防災特設ページからご覧いただけます。
 また、防災対策課でハザードマップの配布も行っております。


 

大雨、台風が近づいてきたら

・テレビやラジオで、常に最新の気象情報を確認する
・不要不急の外出はできるだけ控える
・非常持ち出し品の確認をする

 


洪水・土砂災害等の危険性が高まったら

・山形市が発令する「避難準備・高齢者等避難開始」、「避難勧告」、「避難指示(緊急)」といった避難情報に注意する
・避難情報が発令されたら、早めに避難する
・水路や河川には絶対に近づかない
・既に災害が発生し、外への避難が困難な場合は、無理せず自宅の2階など高い場所に避難する
 
 なお、平成30年度の広報やまがた6月1日号に「土砂災害への備え」、7月1日号に「災害等による避難情報」の特集ページを掲載しております。

 

 ハザードマップや災害への備えについてもっと詳しく知りたい場合は、下記のページをご覧ください。

山形市防災特設ページ
/top_bosai/


このページの作成・発信部署