現在の位置
市民の皆さんへ
防災・消防・安全
防災
「溶結凝灰岩」地盤に関する点検について

「溶結凝灰岩」地盤に関する点検について

ページID : 106917

 平成30年4月11日に大分県中津市において発生した土砂災害は、「溶結凝灰岩」という種類の地盤が、風化して亀裂が入り、地層表面に近い土砂層を巻き込んで崩れたと分析されております。

 山形県内にもいくつか「溶結凝灰岩」が分布しており、土砂災害警戒区域に含まれるものが8ヶ所あります。そのなかには、山形市内の山寺地区地蔵堂も含まれており、4月19日、山形県による点検が行われました。

点検の結果、異常は見られませんでした。

(添付)点検記録表.pdf

 


このページの作成・発信部署