現在の位置
市民の皆さんへ
保健・医療
保健事業
骨密度測定(超音波による測定)

骨密度測定(超音波による測定)

ページID : 109482
骨粗しょう症は、長年の生活習慣などにより骨がスカスカになって骨折しやすくなる病気です。最初は、自覚症状はありませんが、ひどくなると転倒などで簡単に骨折してしまい、寝たきりの原因となる場合があります。
骨粗しょう症にならないように、若いうちから骨密度を測定し、日頃から予防を心がけることが大切です。

測定方法

測定は、検査機器に右足を入れかかとの部分を液体の入った袋で両側から挟んで測定します。
数分で測定は終了し、結果はその日のうちにお渡しします。

日 程

若い世代(20~69歳)のための測定日     

平成31年4月26日(金)20歳から69歳
令和元年7月19日(金)20歳から69歳
令和 2年1月30日(木)20歳から69歳

シニア(70~90歳)のための測定日

令和元年5月  9日(水)70歳から90歳
令和元年9月24日(火)70歳から90歳
令和 2年2月  3日(月)70歳から90歳

受付時間

各日、午前10時から11時

会 場

山形市保健所 健康増進ホール(霞城セントラル 5階)

対 象

20歳から90歳までの山形市民
妊娠中の方、骨粗しょう症・腰痛・関節炎等で治療を受けている方はご遠慮ください。

費 用

無料

その他

山形市保健所での骨密度測定結果は、「目安」としてご活用ください。
より精密な結果をご希望の方は、医療機関(整形外科等)にてご相談ください。
年度内に1回の測定となります。

お申し込み

不要。当日、直接会場へお越しください。
混み合う場合があります。あらかじめご了承ください。

骨粗しょう症について

詳しくは、公益財団法人骨粗鬆症財団 のホームページをご覧ください。

このページの作成・発信部署