現在の位置
市民の皆さんへ
保健・医療
保健事業
四種混合ワクチン(テトラビック皮下注シリンジ)の一部製品の自主回収について

四種混合ワクチン(テトラビック皮下注シリンジ)の一部製品の自主回収について

ページID : 109965

 

 一般社団法人阪大微生物病研究会(以下、阪大微研)が製造した四種混合ワクチンについて、ポリオの有効成分が有効期間内に承認規格を下回ったとして、一部ロットの製品が自主回収されました。

 

該当ロット製品

 

 

製品名

テトラビック皮下注シリンジ

該当ロット番号

4K23A

4K23B

4K23C

4K24A

4K24B

4K24C

 

 阪大微研によると、安全性に影響があったとする報告はなく、該当のロット製品と同等の有効成分を持つワクチンを使用した場合でも、ポリオウイルスに対する十分な免疫をつけることができることを、臨床試験において確認されているとのことです。

  
 このことについて、厚生労働省より回収対象のワクチンを接種した方に、改めて抗体検査や再接種を勧める必要はないという通知がありましたのでお知らせいたします。

厚生労働省健康局健康課並びに厚生労働省医薬・生活衛生局監視指導・麻薬対策課作成ちらし  四種混合ワクチンの自主回収について(2019年10月)

 

 しかしながら、有効性に不安を感じ、抗体価測定を希望する場合は、お子様が接種を受けた医療機関にご相談ください。

 抗体検査の費用及び抗体検査の結果、ポリオの追加免疫が必要と判断され、追加接種をした場合の費用について、阪大微研が負担します。

 また、山形市では、その追加接種を予防接種法に基づく定期接種対象年齢の範囲内(生後3か月から7歳6か月未満)の期間に行った場合は定期予防接種とみなします。追加接種を受けた医療機関より山形市へ予診票原本が送付されます。

 

 該当のロット製品に関する詳細につきましては、下記問い合わせ窓口にお問い合わせください。

 

問い合わせ窓口

一般財団法人阪大微生物病研究会 問い合わせ窓口

フリーダイヤル 0120-280-980
                      (土・日祝日を除く、午前9時から午後5時30分)

 https://www.biken.or.jp/20191004_oshirase

  https://www.biken.or.jp/medical/news/2019/09/4399

 

 


このページの作成・発信部署