現在の位置
市民の皆さんへ
保健・医療
保健事業
ヘルパンギーナについて

ヘルパンギーナについて

ページID : 109742

ヘルパンギーナは例年5月ごろから増加し始め、7月ごろにかけてピークに達します

731日に山形県でヘルパンギーナ警報が発令されました。
 

ヘルパンギーナとは

ヘルパンギーナは、感染して24日してから発熱(3840℃)、咽頭痛、口腔内に小さな水疱が出るウイルス性の感染症で、5歳くらいまでの乳幼児がかかりやすい病気です。

ほとんどは予後良好ですが、まれに重症化して髄膜炎、急性心筋炎などが起こる場合もあるため、早めに医療機関を受診しましょう。

 

治療について

かかってしまったら、口の中の発疹やのどの痛みで飲食がしにくい場合があるので、脱水予防のための水分摂取に心がけましょう。

 

予防について

予防には、手洗い・うがいが基本です。また、便の中にはウイルスが排出されるので、排泄物は適切に処理し、手洗いを徹底しましょう。

また手などを拭くときは清潔なタオルを使用し、タオルの共用はやめましょう。

 

 

 


このページの作成・発信部署