現在の位置
市民の皆さんへ
保健・医療
保健事業
梅毒について

梅毒について

ページID : 109674

梅毒とは

 梅毒は、性的な接触で感染する性感染症のひとつです。梅毒トレポネーマという病原菌の感染によって様々な症状が出ます。HIV感染症との合併例も増加しています。

 

症状について

Ⅰ期(感染から3週間から3か月程度の期間)

 感染を起こした場所(外陰部、口唇など)にしこりや硬い発赤がみられます。また鼠径部のリンパ節が腫れることもあります。痛みを伴わないことが多く、治療をしなくても症状は消退します。症状が消退しても他人にうつす可能性はあります。
 

Ⅱ期(感染から3か月から3年程度の期間)

 治療せずに感染から経過すると、血液の流れで全身に広がり、多彩な皮疹が出現します。

症状は数か月おきに消退と再発を繰り返します。症状が消退しても、他人にうつす可能性はあります。
 

晩期梅毒(感染から3年以上経過)

 感染から数年経過すると皮下や骨、肝臓などに炎症が起こりさらに進行すると、脳や心臓、血管に病変が現れ死に至ることもあります。

 

予防のためには

梅毒は、性的な接触で感染することがほとんどなので、その際の予防が重要です。決まったパートナーとしか性行為をしないこと、より安全な性行為を心がけることが有効です。安全な性行為のため、コンドームを正しく使うことが大切です。使用期限を守ること、高温になる場所に保管しないこと、財布などに入れてないこと、爪を立てないことなど取り扱いにも注意しましょう。
 

 

検査について

血液検査で梅毒に感染しているか確認します。医療機関でも検査を受けることができます。

保健所では無料・匿名の検査を受けることができます。感染の心配がある方は、正確な検査のために感染機会から6週間以上あけてから検査を受けましょう。

詳しくは HIV等の検査について(山形市HP)をご覧ください。

 


このページの作成・発信部署