現在の位置
市民の皆さんへ
子育て
妊娠・出産支援
妊婦健康診査の実施時期並びに標準的な検査項目について

妊婦健康診査の実施時期並びに標準的な検査項目について

ページID : 107674
妊婦健康診査実施時期並びに標準的な健診項目について
最終更新日 : 2013年6月1日
 

1回目

実施週数

初回(妊娠週数によらない)
 

実施項目

毎回実施(健康状態の把握、定期検査、超音波検査、保健指導)
各回の時期において選択実施
血液検査:血液型(ABO血液型・Rh血液型・不規則抗体)、血算、血糖、B型肝炎抗原検査、
C型肝炎抗体調査、HIV抗体価検査、梅毒血清反応調査、風疹ウイルス抗体価検査
 

金額(上限額)

10,000円

2回目、3回目、4回目

実施週数

  • 2回目妊娠12から15週頃
  • 3回目妊娠16から19週頃
  • 4回目妊娠20から23週頃

実施項目

毎回実施(健康状態の把握、定期検査、超音波検査、保健指導)
各回の時期において選択実施
なし
 

金額(上限額)

5,000円

5回目、6回目、7回目、8回目、9回目、10回目

実施週数

  • 5回目妊娠24から25週頃
  • 6回目妊娠26から27週頃
  • 7回目妊娠28から29週頃
  • 8回目妊娠30から31週頃
  • 9回目妊娠32から33週頃
  • 10回目妊娠34から35週頃

実施項目

毎回実施:健康状態の把握、定期検査、超音波検査、保健指導
各回の時期において選択実施(1回実施):血液検査(血算、血糖)、B群溶血性レンサ球菌(GBS)検査(妊娠33~37週までに1回)
 

金額(上限額)

 5,000円

11回目、12回目、13回目、14回目

実施週数

  • 11回目妊娠36週頃
  • 12回目妊娠37週頃
  • 13回目妊娠38週頃
  • 14回目妊娠39週~

実施項目

毎回実施:健康状態の把握、定期検査、超音波検査、保健指導
各回の時期において選択実施(1回実施):血液検査(血算)、B群溶血性レンサ球菌(GBS)検査(妊娠33~37週までに1回
 

金額(上限額)

 各回5,000円

子宮頸がん検診

平成23年4月1日より、検査項目に新たに「子宮頸がん検診」が追加されました。

実施回数・週数

子宮頸がん検診補助券を使用し、1回目の妊婦健康検査と一緒に、一人一回受ける。

 

金額(上限額)

3,400円

性器クラミジア抗原検査

平成23年4月1日より、検査項目に新たに「性器クラミジア抗原検査」が追加されました。

実施回数・週数

性器クラミジア抗原検査検診補助券を使用し、1回目から8回目の妊婦健康検査(妊娠31週まで)と一緒に、一人一回受ける。
 

金額(上限額)

2,100円

HTLV-1抗体検査

平成22年12月1日より、検査項目に新たに「HTLV-1抗体検査」が追加されました。

実施回数・週数

HTLV-1抗体検査検診補助券を使用し、1回目から8回目の妊婦健康検査(妊娠31週頃まで)と一緒に、一人一回受ける。
 

金額(上限額)

2,290円

超音波検査特定

平成28年4月1日以降に母子健康手帳を交付された妊婦が対象となります。
早産予防のための超音波検査として、新たに4回分の「超音波検査特定」が追加されました。子宮頸菅長測定等を実施します。

実施回数・週数

超音波検査特定補助券を使用し、各回の時期において妊婦健康検査と一緒に、一人一回受ける。
・1回目初回から妊娠23週まで
・2回目妊娠20週前後
・3回目妊娠24から35週頃まで
・4回目妊娠36週以降
 

金額(上限額)

・1回目5,300円
・2から4回目4,770円

このページの作成・発信部署