現在の位置
市民の皆さんへ
環境・公園緑化
環境保全
カラスによる生活環境被害防止のためのレーザーポインターの貸し出しについて

カラスによる生活環境被害防止のためのレーザーポインターの貸し出しについて

ページID : 111492

 カラスは光に対し敏感なため、レーザーポインターの光をカラスに向けて照射することで追い払いの効果があります。数日間続けて追い払いを実施すると更に効果が長続きします。山形市では、下記のとおりレーザーポインターの貸し出しを行っております。

 

≪貸出場所≫

山形市環境部環境課(山形市役所10階)

 

≪貸出物品≫

レーザーポインター1台(緑色の光を照射できます。)

12㎝・40

 

≪レーザーポインターの借用にあたっての注意点≫

1.人に対しての照射は失明の危険性があるため絶対行わないでください。

  (カラスへの照射は、羽・胴体に照射しても効果があります。)

2.暗い時間帯での使用が効果的です。(明るい時間帯は光が届きません。)

3.照射による追い払いは、連日継続して行うことで効果が得られます。

4.連続使用等により電池(5電池2)がなくなった場合、ご本人負担となります。

5.貸出期間は2週間までとなります。

 ※飛来が続いているような状況であれば、継続して貸出を行うことも可能です。

6.本人確認のため、免許証等身分証明書にて「氏名」、「住所」を確認させていただきます。


 
 なお、カラスは、生ごみなども食べる雑食性で、繁殖期である4
~7月頃にかけて、電柱や街路樹、鉄塔などに巣を作って繁殖し、警戒心が特に強くなります。また、8月以降は、集団で夜間を過ごす習性があるため、ふんや鳴き声の被害が多くなります。


このページの作成・発信部署