現在の位置
市民の皆さんへ
環境・公園緑化
環境保全
ツキノワグマにご注意ください!

ツキノワグマにご注意ください!

ページID : 106001

ツキノワグマに関する情報発信について


 【ツキノワグマ出没注意!】
   
  秋は、冬眠に向けてクマが活発に活動する時期になりますので、十分注意してください。
 
 
下記のとおり過去の出没情報やクマに出会わないための方法などを掲載しておりますので、クマとのトラブルを未然に防ぐためにご活用ください。
 

1.山形市クマ出没状況について


山形市クマ出没状況(マップ)

【令和3年度】
No.51 9月21日(火)午後2時頃 蔵王半郷地内の農地にてクマによるクリの食跡を確認
No.50 9月15日(水)午後4時頃 蔵王上野地内にてクマによる養殖ニジマスの食害を確認

No.49 9月4日(土)午前9時50分頃 蔵王堀田地内の山林にてクマ1頭を目撃

【4月~8月の出没状況については下記をご覧ください。】
【令和3年度】 山形市クマ出没状況一覧 ←クリックするとご覧いただけます。


【過去の出没状況については下記をご覧ください。】
【令和2年度】山形市クマ出没状況一覧 ←クリックするとご覧いただけます。

【令和元年度】山形市クマ出没状況一覧 ←クリックするとご覧いただけます。

    

2.クマに出会わないために

  ・出没情報をチェックしましょう。
   市HPや新聞、テレビなどでクマの頻繁な出没や
   クマとのトラブルが報道された地域には
   できるだけ入らないようにしましょう。
   
  ・音を出すなど、自分の存在を知らせましょう。
   山に入る際には、クマ除けの鈴を身に着けたり、
   ラジオなどを携帯するなどして、音をたてながら行動し、
   クマに自分の存在を知らせるようにしましょう。
         クマ除けの鈴は、高音のものが効果的と言われております。
  
  ・クマを寄せ付けないようにしましょう。
   クマの隠れ場所となる家屋周辺の草やぶは刈り払いましょう。
   クマのエサとなる生ごみは、指定日の午前6時から午前8時までに
   決められた集積所に出しましょう。
   廃棄する農作物は放置せず処理しましょう。
   

3.クマを見掛けた場合

  ・あわてず、騒がず、冷静に対処しましょう。
   数メートル程度の近くにクマがいることに気付いた場合は、
   周囲に子グマがいないか確認し、子グマがいない方向へ、
   クマを見ながらクマに背を向けずにゆっくりと後ずさりして
   その場を離れてください。その際は、クマとの間に木や岩
   などの障害物がくるようにし、体の半分ほどを隠しながら後退
   してください。
   それ以上離れたところでクマを見掛けた場合は、
   大声を出したり、走って逃げることはせず、
   落ち着いてその場から離れましょう。

   クマとのトラブルを防ぐために、クマの生態や出会わないための
   手法、出会ってしまった際の対応についてお知らせするパンフレットを
   ご活用ください。

   環境省「クマ被害防止パンフレット」
          ↓
   http://www.env.go.jp/press/103090.html
   
   なお、クマを目撃した場合は、下記の連絡先へご連絡ください。

 

4.連絡先 

担当部署 電話 休日の連絡先
山形市環境課 023-641-1212
(内線683)
023-641-1212
山形警察署 110
023-627-0110
110
023-627-0110

このページの作成・発信部署