現在の位置
市民の皆さんへ
環境・公園緑化
環境保全
特定外来生物「オオキンケイギク」について

特定外来生物「オオキンケイギク」について

ページID : 111487

「オオキンケイギク」とは

「オオキンケイギク」は北アメリカを原産とするキク科の植物です。強靱でよく生育することから観賞用、緑化用として日本に導入されました。しかし、あまりにも強く一度定着すると在来の野草の生育場所を奪い、周囲の環境を一変させてしまうため、平成18年に外来生物法に基づく特定外来生物に指定され、生きたままの運搬や栽培、譲渡などが原則として禁止されました。
 なお、山形市内でも生息が確認されております。


          

特徴

オオキンケイギクは下記のような特徴があります。
・高さは30~70cm程度
・葉は細長いヘラ状の形で、茎の下のほうについている
・花びらは黄橙色、直径5~7cm、花びらの先端に不規則に4~5つのギザギザがある
・開花期は5~7月頃



          (提供:九州地方環境事務所)
 
 

似ている花との見分け方

似ている花にキバナコスモスがありますが、下記の点で見分けることが出来ます。
・開花期が初秋
・花びらの先の形が違う(ギザギザ
が少ない)
・葉が短く、切れ込みが多い

 
(左:オオキンケイギク、右:キバナコスモス)           
(提供:九州地方環境事務所)          

 

駆除方法と注意点

・オオキンケイギクを繁茂させないようにするためには、種子を地面に落とさない、
 もしくは種子が付く前に駆除を行うことが大切です。
・オオキンケイギクは基本的に、生きたままの運搬が禁止されています。駆除を行う
 際は根から抜いたあと袋に入れ密封し、天日にさらして枯らす、腐らせるなどの処
 置をしてから燃えるゴミとして処理して下さい。

 

その他(リンク)

「環境省 外来生物対策-オオキンケイギクについて」
http://kyushu.env.go.jp/wildlife/mat/m_2_3.html
「山形県 特定外来生物について」
http://www.pref.yamagata.jp/050011/kurashi/shizen/seibutsu/gairaiseibutu/tokuteigairaiseibutu.html

このページの作成・発信部署