現在の位置
市民の皆さんへ
届出・証明
マイナンバーカード
代理人によるマイナンバーカードの受取りについて

代理人によるマイナンバーカードの受取りについて

ページID : 113576

マイナンバーカードの交付は、原則としてご本人の来庁が必要です。
「仕事」や「通学」といった理由は認められません。
ただし、以下のやむを得ない理由により本人の来庁が困難な場合は、代理人による受取りができます。
お、受取りの際は「顔写真付き本人確認書類」の原本が必要となります。
 

1、病気、身体の障がい等により交付申請者の来庁が困難であると認められるとき
2、長期に航行する船員など仕事の内容、勤務場所、勤務形態等の
客観的状況に照らして交付申請者の来庁が困難であると認められるとき
3、交付申請者が未就学児であり来庁することが困難であるとき

代理人受取りの必要書類について 

代理人が来庁される場合は、以下のものを持参してください。
※当日お持ちいただく書類等に不備や不足があると、お手続きができません。

(1)病気、身体の障がいなどのやむを得ない理由により、申請者本人の来庁が困難な場合は、その事実を証明するもの
【例】外出ができない旨の医師の診断書、障がい者手帳、本人が施設に入所していることを証明するものなど
※未就学児の申請者は、証明するものは不要です。

(2)個人番号カード交付通知書・電子証明書発行通知書兼照会書(市が送付するハガキ)
ア:申請者本人が15歳以上の場合(成年後見人を除く)
「通知書兼照会書」の以下の欄に
申請した本人の記入が必要です。
 ・回答書欄に、回答年月日、本人の住所・氏名を記入する。
 ・委任状欄に申請した本人の住所・氏名を記入する。
 ・代理人欄の住所・氏名を記入する。
 ・電子証明書等の暗証番号欄を記入し、目隠しシールを貼る。
イ:申請者本人が15歳未満及び成年被後見人の場合

「通知書兼照会書」の回答書欄のみの記入になります。なお、「本人の氏名はお子様本人ではなく当日お越しになる法定代理人(父または母)の氏名をご署名ください。また申請者本人が、成年被後見人の場合は、成年後見人の氏名をご署名ください。

(3)通知カード (お持ちの方のみ)または、現在お持ちのマイナンバーカード(作成が2回目以降の方)
回収します。紛失した場合は、窓口でご相談ください。
 
(4)住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
回収します。紛失した場合は、窓口でご相談ください。

(5)申請者本人の本人確認書類
代理人の方にカードをお渡しする際、顔写真付きの本人確認書類で本人確認を行います。
次のア~ウのうちいずれかの書類が必要です。(A・Bは下表
「本人確認書類一覧のとおり)
ア:Aの書類
イ:Aの書類・Bの書類を点ずつ
ウ:Bの書類(うち写真付き点以上)

申請者本人が長期で入院している者や介護施設等に入所している者で、顔写真付きの書類がない場合は、病院長又は施設長が交付申請者の顔写真を証明した書類((個人番号カード顔写真証明書【別紙様式第1)を写真付きBの書類として使用することが可能です。
●個人番号カード顔写真証明書【別紙様式第1】(PDF:46KB)

申請者本人が15歳未満の者で、顔写真付きの書類がない場合は、法定代理人が交付申請者の顔写真を証明した書類個人番号カード顔写真証明書別紙様式第2】)を写真付きBの書類として使用することが可能です。
個人番号カード顔写真証明書別紙様式第2】(PDF:47KB)

(6)代理人の本人確認書類
代理人の本人確認書類は、顔写真付きの書類の提示が必要です。
次のア・イのいずれか。(A・Bは下表のとおり)
ア:Aの書類を
イ:Aの書類・Bの書類を点ずつ 
 

下表「本人確認書類一覧

Aの書類(顔写真付き)

個人番号カード(再交付の場合に限る)、住民基本台帳カード(顔写真付きに限る)、
運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降に限る)
パスポート、身体障がい者手帳、精神障がい者保険福祉手帳、療育手帳、
在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可書、仮滞在許可書

 

Bの書類

健康保険被保険者証、国民健康保険被保険者証、こども医療証、後期高齢者医療被保険者証、
介護保険被保険者証、国民年金手帳、国家公務員共済組合員書、地方公務員共済組合員証、 
私立学校教職員共済制度加入者証、在留カード(顔写真無し)、児童扶養手当証書、
特別児童扶養手当証書、生活保護受給者証明書、
個人番号カード顔写真証明書【代理人受取りの場合で15歳未満の方、または長期入院・施設入所者のみ】(上記様式をご参照ください。)

※(5)申請者本人のB書類3点を準備できない場合は、Bの書類1点と次の2点の書類が必要です。
個人番号カード顔写真証明書
(上記様式をご参照ください。)
診察券、社員証、学生証(氏名と生年月日、もしくは氏名と住所が記載あるもの)

(7)代理権者の確認書類
(法定代理人の場合)
戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)、成年後見登記事項証明書など法定代理人であることを証する書類
※市内に本籍がある場合、もしくは15歳未満の申請者本人と法定代理人が同一世帯で、住民票から親子関係が確認できる場合は戸籍全部事項証明書を省略できます。


このページの作成・発信部署