その他の届出

ページID : 113863

・分籍届

・親権(管理)届

・氏の変更届(日本人)

・氏の変更届(外国人との婚姻)

・氏の変更届(外国人との離婚)

・氏の変更届(外国人父母の氏へ変更)

・復氏届

・姻族関係終了届

 

※本籍が山形市にないときは、原則として戸籍全部事項証明書の添付をお願いいたしております。また、届出地は、戸籍法第25条により届出事件の本人の本籍地又は届出人の所在地となっております。ただし、分籍届の場合には分籍地にも届出できます。

 

分籍届

 分籍届とは、戸籍の筆頭者とその配偶者以外で成年に達している方が、現在の戸籍から自らの新しい戸籍を編製する届出になります。分籍届には必ず事件本人の戸籍謄(抄)本を添付していただきます。また、一旦、分籍届を届出されますと元の戸籍には戻れません。

 

 様式 分籍届(PDF)※必ずA4で印刷して下さい。

    分籍届(記載例)(PDF)※山形市で作成した記載例になります。

 

親権(管理)届

 父母の協議により独立した親権者(管理)届を届出するのは下記の場合となります。

  嫡出でない子の親権者を母から父に変更する場合

  離婚後300日以内の出生子の親権者を母から父に変更する場合

  親権者の定めのない父母の離婚届が誤って受理された後、親権者を父又は母とする場合

  15歳未満の養子が協議離縁をするとき、その縁組につき代諾した父母が子の縁組後に離婚して    
  いるため、離縁後に親権者となるべき者を父又は母とする場合

 

※上記①から④につき、協議が調わないときは、裁判による親権者の指定となり、その際の届出人は、親権者となる者となります。その際には、裁判所からの調停調書謄本等を添付していただきます。協議の場合の届出人は父母双方となります。

 

様式 親権(管理)届(PDF)※必ずA4で印刷して下さい。

親権(管理)届(記載例)(PDF)※山形市で作成した記載例になります。

 

氏の変更届(日本人)

 戸籍法107条1項による氏の変更は、やむを得ない事があるときに限り、家庭裁判所の許可を得て、市区町村長に届出することにより可能となります。

 このやむを得ない事由の該当の有無は、家庭裁判所が個々の事件について判断することになりますが、一般に、その氏を継続することが社会生活上著しい支障を来す場合をいうとされています。この届出には家庭裁判所からの審判書謄本と確定証明書が必要となります。

 ただし、俗字等から常用漢字の変更については家庭裁判所の許可がなくとも市への申出書の手続きで可能です。(例)髙→高の変更、罒→四の変更等

様式  氏の変更届(PDF※必ずA4で印刷して下さい。

    氏の変更届(記載例)(PDF※山形市で作成した記載例になります。

 

氏の変更届(外国人との婚姻)

 外国人との婚姻による氏の変更の届出になります。外国人との婚姻成立後6カ月以内に限り、家庭裁判所の許可は不要です。ただし、変更の氏は身分事項に記載された外国人配偶者の氏と同一であるか、氏のうち子に承継されない部分を除いたものに限っています。

 

様式 氏の変更届(外国人との婚姻)(PDF)※必ずA4で印刷して下さい。

   氏の変更届(外国人との婚姻)(記載例)(PDF)※山形市で作成した記載例です。

 

氏の変更届(外国人との離婚)

 外国人配偶者との婚姻解消による氏の変更の届出になります。戸籍法107条第2項の届出で外国人配偶者の氏に変更している場合にのみ、婚姻解消後3カ月以内に限り家庭裁判所の許可なく、元の氏に戻すことが可能になります。

 

様式 氏の変更届(外国人との離婚)(PDF)※必ずA4で印刷して下さい。

   氏の変更届(外国人との離婚)(記載例)(PDF)※山形市で作成した記載例です。

 

氏の変更届(父又は母が外国人である者の氏の変更)

 戸籍の筆頭者又はその配偶者以外の者で父又は母を外国人とする未成年の子が、その氏を家庭裁判所の許可を条件に外国人の父又は母の氏に変更する届出です。この場合、子の年齢制限はありません。届出人が15歳未満の場合には、法定代理人が届出人になります。

復氏届

 復氏届は、夫婦の一方が死亡した場合に、生存配偶者が婚姻の際に氏を改めた者であるときは、その者の自由意思で、婚姻前の氏に復する届出になります。この場合、婚姻前の氏に復して新戸籍を編製することもできますし、婚姻前の戸籍が存在していればもどることも可能になります。

 

様式 復氏届(PDF※必ずA4で印刷して下さい。

   復氏届(記載例)PDF)※山形市で作成した記載例になります。

 

姻族関係終了届

 夫婦の一方と他方の血族との関係を相互に姻族といい、その姻族三親等までが法律上の親族になります。姻族終了届とは、夫婦の一方の死亡により婚姻が解消した場合に、生存配偶者が死亡した配偶者の姻族関係を終了させる届出になります。

 

様式 姻族関係終了届(PDF※必ずA4で印刷して下さい。

   姻族関係終了届(記載例)PDF)※山形市で作成した記載例になります。

 

 

 


このページの作成・発信部署