養子縁組届

ページID : 110000

 

 養子縁組届とは、事実上親子でない者がその合意に基づいて法律上実親子と同一の身分関係を創設させようとする届出です。届書を提出して受理された日が養子縁組の成立した日になります。ただし、夜間休日に提出された場合は、一旦受領扱いになり、後日審査した上で届書に不備が無ければ、遡って提出された日付で受理になります。また、届書右側に成人に達した2名の署名押印が必要となります。
 なお、養子になる方お一人につき届書1通作成していただくこととなります。

届出地

養親または養子の本籍地

養親または養子の所在地

届出人

養親および養子となる方(養子が15歳未満の場合は法定代理人)

なお、持参するのはどなたでも構いません。

必要なもの

・届書・・・1通

・本籍地以外に届出する場合は、戸籍全部事項証明書

本人確認書類

 要件

・縁組意思の合致

・養親となる者は、成年者であること(婚姻による成年擬制も可)

・養子となる者が、養親となる者の尊属又は年長者でないこと

・養子となる者が、養親となる者の嫡出子又は養子でないこと

・養子となる者が未成年者で、かつ、自己又は配偶者の直系卑属(子・孫等)以外の者であ

 るときは、家庭裁判所の許可があること

・養子となる者が15歳未満であるときは、その法定代理人(親権者、未成年後見人)が縁

 組の承諾をすること

・養子となる者が15歳未満で、その法定代理人でない父又は母が監護すべき者に定められ

 ているときは、その監護者の同意を得ること

・配偶者のある者が未成年者を養子とするときは、養子が配偶者の嫡出子(嫡出でない子を

 除く)であるとき又は配偶者が意思表示できないとき(行方不明等)を除き、配偶者とと

 もに縁組すること

・配偶者のある者が養親又は養子となる場合には、配偶者とともに縁組をするとき又は配偶

 者が意思表示できないときを除き、配偶者の同意があること

・後見人が被後見人(未成年被後見人及び成年被後見人)を養子とするときには、家庭裁判

 所の許可があること。

様式

養子縁組届(PDF)※必ずA3用紙で印刷してください。

記載例1(養子が成年者である場合)(PDF)  ※山形市作成の記載例になります。

記載例2(養子が未成年者である場合)(PDF)  ※山形市作成の記載例になります。


このページの作成・発信部署