現在の位置
ようこそ、市長の部屋へ
市長のやまがた自慢
市長のやまがた自慢「第二公園のSL」

市長のやまがた自慢「第二公園のSL」

ページID : 111641
ライトアップされている
第二公園のSL 

 山形市十日町の第二公園に展示されている蒸気機関車(SL)が注目を集めています。

 そのきっかけは、現在日本のみならず世界でも大人気の漫画・アニメ「鬼滅の刃」です。映画化された「無限列車編」に出てくる蒸気機関車のモデルが第二公園のSLと同型であり、そのことから、多数のメディアに取り上げられ、家族連れで見に来たり、漫画の登場人物のコスプレ姿で写真撮影を行う方も出てきています。

 このSLはもともと昭和44年(1969年)、山形市制施行80周年記念として、当時の日本国有鉄道(現JR)より山形市に無償貸与され、現在に至っています。通称「ハチロク」と呼ばれる8620形というタイプで、大正12年に製造されたものです。

 また、第二公園にはもともと藤棚がありますが、「鬼滅の刃」においては、藤の花は鬼が嫌って近寄れない結界のような存在という重要な設定もあります。こうした偶然に驚くとともに、大ヒット作品をきっかけに再び注目を集めている第二公園へ多くの方々にお越しいただきたいと思っています。

 山形市では現在、このSLのライトアップを行うとともに、藤棚では藤色のLED照明による装飾をしています。ぜひ鬼滅の刃の登場人物に思いをはせながら記念撮影などを楽しんでください。

 

(広報やまがた令和3年2月1日号掲載) 

 

 


このページの作成・発信部署