現在の位置
ようこそ、市長の部屋へ
市長のやまがた自慢
市長のやまがた自慢「山形市極上の「旬」~初秋編~」

市長のやまがた自慢「山形市極上の「旬」~初秋編~」

ページID : 111221

 山形市ほど四季折々の風流と味覚が豊富に楽しめる地域は珍しいと思います。以前このコーナーで「7月上旬編」を書きましたが、これからの時期は、まさに「食欲の秋」にふさわしい魅力的な味覚が顔をそろえます。

 最近人気急上昇のシャインマスカットはまさに今が旬。高級品種というイメージがありますが、その値段はおいしさの裏打ちがあってこそ。今や贈答品としても大変な人気です。

 シャインマスカットに少し遅れて、10月にはラ・フランスが旬を迎えます。食べ頃の見極めにこつは必要ですが、完熟ラ・フランスを初めて食べた方は一様にその上品なおいしさを絶賛されます。

 加えて、すももやリンゴ、キウイフルーツも山形市で収穫されます。味はもちろんのこと、種類の豊富さがポイントです。

 そして、山形の秋には欠かせない芋煮。最近では芋煮を食べに秋の山形にいらっしゃる観光客も少なくありません。使われている食材ではどうしても牛肉に目が行きがちですが、最近は粘りの強い山形市の伝統野菜「悪戸芋」の知名度も上がってきました。山形市は総務省の家計調査における里芋消費量も日本一になっています。これも芋煮があってこその結果だと思います。

 今年は残念ながら中止となった日本一の芋煮会に代えて、「密」を避けたドライブスルー形式での芋煮イベントが開催されます。また、全国に芋煮セットを販売し、ご家庭で芋煮を楽しんでもらう取り組みも行われます。今年の秋はそれぞれのご家庭で、芋煮を楽しんでいただければうれしいです。

 先般の豪雨災害では市内の農地も被害を受けました。山形市の農業を元気にしていく上でも、地産地消で食べて支えるとともに、市民みんなで山形市の素晴らしい農産品をPRしていきましょう。
 

▲シャインマスカット ▲ラ・フランス ▲芋煮

 

 (広報やまがた令和2年9月1日号掲載)

 
 

 



このページの作成・発信部署