現在の位置
人生のできごと
高齢者支援・介護
お金
税金
スマートフォンでの納付について

スマートフォンでの納付について

ページID : 113708

市税をスマートフォンで納付することができます。

スマートフォン決済アプリを利用することで、「いつでも」「どこでも」納付が可能となります。

【注意点】
  • 領収書は発行されません。
  • 軽自動車税(種別割)で、当該年度に継続検査(車検)がある方は利用しないでください。
 

スマホ収納できる市税

  • 市県民税(普通徴収)
  • 固定資産税・都市計画税(土地・家屋)
  • 固定資産税(償却資産)
  • 軽自動車税
  • 国民健康保険税(普通徴収)

利用できるスマートフォン決済アプリ

  • 支払秘書
  • PayB
  • PayPay
  • LINE Pay 請求書支払い

納付方法

(1)必要なもの
  • 「コンビニ収納用バーコード」が印刷された納付書
  • スマートフォン
※あらかじめスマートフォン決済用アプリをダウンロードし、必要事項を登録しておく必要があります。

(2)納付手順
  1. アプリを起動し、コンビニ収納用バーコードが印刷された納付書を用意する。
  2. スマートフォンでバーコードを読み取る。
  3. 表示された請求内容を確認し、支払ボタンを押す。                 
※アプリによってはパスワードの入力が必要な場合があります。


 

スマートフォン決済アプリの使用方法はこちら

  • 支払秘書(シハライヒショ)                                   
  
  • PayB(ペイビー)                                                                                                   
 
  • PayPay (ペイペイ)                                                                                                   
 
  • LINE Pay 請求書払い(ラインペイ)                                                                          
  
 

スマートフォンアプリを利用できない納付書

    (金融機関の窓口で納付してください。)
  • 納付書1枚の金額が30万円を超えているもの
  • バーコードの印刷がないもの
  • バーコードの読み取りができないもの
  • 利用期限を過ぎているもの
  • 金額が訂正されているもの
 

利用上の注意事項

  • 領収書は発行されません。(納付履歴は各アプリの「利用明細」で確認できます。)
  • 軽自動車税種別割納税証明書(継続検査用)が必要な場合は、スマートフォンを利用せず、金融機関の窓口またはコンビニエンスストア等で納付してください。
  • 納付年月日を確認する書類が必要な場合は、スマートフォンを利用せず、金融機関の窓口またはコンビニエンスストア等で納付し、領収書を取得してください。
  • 納付後の取り消しや変更はできません。
  • 同一納付書を使用した重複納付(例:スマートフォン決済の後に、同じ納付書でコンビニ納付を行った…等)にご注意ください。スマートフォンで読み取った納付書は、再度使用しないでください。
  • 納付の際の手数料はかかりません。ただし、アプリ利用時の通信料は利用者の負担となります。

  
 

このページの作成・発信部署