令和4年度 がん患者のための医療用ウイッグ・乳房補整具購入費助成

ページ番号1003467  更新日 令和4年6月9日

印刷大きな文字で印刷

がん患者のみなさんの就労や社会参加を応援し、療養生活の質がよりよいものとなるように、医療用ウイッグ及び乳房補整具の購入費の一部を助成します。

助成を受けることができる方

助成の対象となるのは、次の項目すべてに該当する方です。

  • 山形市に住所のある方
  • がんと診断され、がん治療を受けている、又は受けていた方
  • がん治療に伴う脱毛又は乳房切除により、就労や社会参加に支障がある。
    又は、支障が出るおそれがあり、ウイッグ及び乳房補整具が必要となっている方
  • 他の法令等に基づく公的助成等を受けていない方

※ただし過去に同助成を受けた方を除く
(過去にウィッグの助成を受けていても、乳房補整具の助成は受けられます)

助成の対象となるウィッグ・乳房補整具の要件

次の項目すべてに該当するものです。

  • 令和3年4月1日以降に購入したもの
  • 就労や社会参加等のために購入したもの。
  • がん治療に伴う脱毛又は乳房切除に対応したものであること。

助成金額

医療用ウィッグ:2万円又は購入経費の2分の1の額のいずれか低い額
乳房補整具:1万円又は購入経費の2分の1の額のいずれか低い額

申請時の持ち物と申請窓口

  1. 脱毛又は乳房切除を伴うがん治療を受けていることを証明する書類
    (お薬手帳、診療明細書、治療方針計画書、手術同意書などのいずれか。
    医療用ウィッグの申請においては、脱毛の副作用がある薬剤名が記載されている書類など。
    また、ウイッグ及び乳房補整具購入日に近い日付のもの)
  2. 領収証書(ウイッグ及び乳房補整具本体価格のみのもの、レシートは不可)
    ※領収書見本を参照してください。
  3. 本人確認書類(運転免許証、医療保険証など)
  4. 朱肉用印鑑
  5. 振込先の通帳
    • ※助成対象者名義のもの(助成対象者が20歳未満の場合で、申請者が親権者の場合は親権者名義のもの)
    • ※振込先の金融機関名、支店名、預金種目、口座名義、口座番号が記入できれば通帳の持参は不要です。
  6. 委任状(指定様式)
    • ※代理申請の際必要となります。
    • ※代理申請の際は、委任状の他に、助成対象者と代理者の本人確認書類が必要となります。

申請窓口

健康医療部(山形市保健所)健康増進課窓口(霞城セントラル4階)
受付時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝日及び12月29日から1月3日を除く)

その他

※以前に同助成を受けた方は対象にはなりません。ただし、過去にウィッグの助成を受けていても、乳房補整具の助成は受けられます。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康医療部健康増進課成人保健係
〒990-8580 山形市城南町一丁目1番1号霞城セントラル4階
電話番号:023-616-7272 ファクス番号:023-616-7276
kenko@city.yamagata-yamagata.lg.jp