令和3年4月5日 山形市における新型コロナウイルス感染症対策の徹底した取組みに向けた共同宣言

ページ番号1006162  更新日 令和3年10月29日

印刷大きな文字で印刷

山形市内では、3月中旬から新型コロナの感染者が急増し、村山地域の医療提供体制のひっ迫度が高まったことから、3月22日に山形県と山形市が共同で独自の緊急事態宣言を発出し、感染拡大防止に向け、山形市民と事業者の皆様に緊急対策への御協力をお願いしているところです。
しかしながら、緊急事態宣言の発出から2週間が経過したものの、家庭内での感染拡大なども見られ、新規感染者数は依然として高い水準にあり、病床使用率も高止まりするなど、医療提供体制は危機的な状況にあります。
また、経済活動は、酒類を提供する飲食店等の営業時間の短縮や不要不急の外出自粛の要請等により、人の流れが減少し、大変厳しい状況が続いております。
新型コロナの克服にあたっては、緊急事態宣言の終期である4月11日までの期間で、現行の取組みを徹底して進めることにより、新規感染を可能な限り抑制し、感染を封じ込める必要があります。このことが地域経済の回復に向けた様々な動きを円滑に進めることにつながります。
なお、本日(4月5日)からは、隣県の宮城県にまん延防止等重点措置が適用され、宮城県との往来については、可能な限り控えていただく必要があります。
山形市民の皆様には、御自身と大切な人の命と健康、生活を守るため、緊急対策の趣旨を御理解いただくとともに、一層の御協力をいただき、共にこの難局を乗り越えてまいりましょう。

令和3年4月5日

山形県知事 吉村 美栄子
山形市長 佐藤 孝弘
山形商工会議所会頭 矢野 秀弥
山形市医師会会長 根本 元

山形市民の皆様等へのお願い

山形市民の皆様に改めて感染拡大防止策の徹底をお願いいたします。
緊急事態宣言後、これまで酒類を提供する飲食店への営業時間短縮要請など市民の皆さま、事業所の皆さまに多くのご協力をいただいております。営業時間短縮の要請にほとんどのお店からご協力をいただき感謝申し上げます。

しかし、山形市では、現在も新規感染者の発生が続いており、複数のクラスターも発生するなど、残念ながら、感染の抑え込みまでには至っていない状況ですので、これまでよりさらに感染拡大予防に取り組む必要があるものと思っております。

新型コロナウイルスの感染予防は、とにかく、基本的な感染防止対策を徹底していただくことが一番重要です。市民の皆さまおひとりおひとりから、感染のリスクが常に身の回りにあるという意識を持っていただき、こまめな手洗いや正しいマスクの着用、消毒、適切な換気、身体的距離の確保、3つの密を避けるなど、基本的な感染防止対策である「新しい生活様式」の徹底をお願いします。
特に、マスクについては感染予防に高い効果のある「不織布マスク」を正しく着用していただくことをお願いします。こうしたマスクの正しい着用を含めた「新しい生活様式」の実践を重ねて徹底をお願いします。
また、事業所におけるクラスターの発生も続いていますので、事業者の皆様には、従業員の健康管理をはじめ、「業種別の感染拡大予防ガイドライン」の遵守、徹底をお願いします。

山形市の感染拡大防止は、今が正念場です。
すべての市民の皆さま、事業所の皆さまが強い危機感を持っていただき、ご自身ができる感染防止のための行動をとってください。山形市の現在の感染状況から脱するには、私たち一人一人の行動が何より大事です。
25万市民の力を合わせて、この難局を乗り切っていきましょう。

令和3年4月5日
山形市長 佐藤 孝弘

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総務部防災対策課避難者支援係
〒990-8540 山形市旅篭町二丁目3番25号
電話番号:023-641-1212(代表)内線216
ファクス番号:023-624-8847
bosai@city.yamagata-yamagata.lg.jp