現在の位置
人生のできごと
引越し・住まい
引越し
住民基本台帳などに関する手続き
住民基本台帳カードの取り扱い上の注意事項

住民基本台帳カードの取り扱い上の注意事項

ページID : 101988

外部から強い力を加えると、カードの変形やわれが生じ、データの読み取りが不可能になることがあります。

(1)カードをズボンの後ろポケットに入れたまま座ったりしないでください。
(2)膨らんだ財布等に入れたままにしないでください。
(3)カードに重いものを落としたりしないでください。
(4)硬貨やペンなど、突起物のある物との接触及び擦れに注意してください。
 

水分が付着すると,カードを使用できなくなることがあります。

(1)カードをシャツ、ズボン等の衣類にいれたまま洗濯しないでください。
(2)カードをトイレ、水溜り等に落とさないよう注意してください。
   

高温により変形し,使用できなくなることがあります。

(1)カードを衣類等にいれたまま乾燥機にかけないでください。
(2)カードを衣類等にいれたままアイロンをかけないでください。
(3)カードを自動車内に置かないでください。
(4)カードをストーブ、ヒーター、コタツ、カイロ等を接触させ、放置しないでください。
(5)カードを直射日光に長時間当てないでください。
 

化粧品等の薬品,液体が触れることのないよう十分注意してください。

(1)化粧品(除光液。マニキュア等)
(2)スプレーの一部(可燃性表示のあるもの)
(3)塗装や接着剤用のシンナー、希釈溶剤
(4)ガソリン、灯油、ライター油、エンジンオイル
(5)殺菌用アルコール、チキン系液状薬品
(6)筆記用具の修正液 
 

その他注意事項

(1)本来の利用目的以外に使用しないでください。
(2)指定された以外の機器に使用しないでください。
(3)磁石や磁界を発生する機器との接触や接近には注意してください。
  (磁気ネックレス、携帯電話・テレビ等の家電製品)
(4)ICチップの端子部分(金色の部分)を指で触れないように注意してください。 

このページの作成・発信部署