山形市民会館整備基本構想を策定しました

ページ番号1005887  更新日 令和3年10月29日

印刷大きな文字で印刷

山形市民会館整備構想

山形市民会館は、市の文化芸術活動の拠点として、市民や文化団体の自主的な活動を支援するとともに、市民が多様で優れた舞台芸術を鑑賞する機会を提供し、市民の文化の向上及び市民福祉の増進を図るために設置された施設です。

昭和48年の開館から47年以上が経過し、施設・設備の老朽化が進んでいるほか、バリアフリー等の課題も抱えており、建て替えが必要な時期に差し掛かっています。

そのため、今後の市民会館に求められる役割や機能・規模等について、外部の有識者や利用団体、各関係団体等のご意見を踏まえ、新市民会館の整備の在り方を示した「山形市民会館整備基本構想」を令和3年3月に策定しました。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画調整部文化振興課文化施設整備室
〒990-8540 山形市旅篭町二丁目3番25号
電話番号:023-641-1212(代表)内線798・799
ファクス番号:023-624-9618
bunka@city.yamagata-yamagata.lg.jp