現在の位置
市政情報
中核市推進
中核市の取り組み
総務大臣へ山形市の中核市指定を求める申出を行いました。

総務大臣へ山形市の中核市指定を求める申出を行いました。

ページID : 107053

 山形市が中核市へ移行するためには、地方自治法に基づき、総務大臣への申出を行い、政令で指定を受ける必要があります。その際、あらかじめ市議会の議決を経て、県知事の同意を得なければならず、その同意には県議会の議決を経なければならないとされています。

 山形市では、319日に市議会の「中核市指定の申出」に係る議決を得て、同月29日に県知事への「同意の申入れ」を行い、県議会の議決を経て、79日に県知事の同意をいただきました。

 これを受けて、87日に佐藤市長が総務省を訪問し、山形市と同じく平成3141日の中核市移行を目指している甲府市長(山梨県)及び寝屋川市長(大阪府)とともに、野田聖子総務大臣に「中核市指定を求める申出」を行いました。

 今後は、秋頃(10月から11月)の閣議決定を経て政令が交付され、山形市の中核市移行が正式に決定することとなります。


  

総務大臣(右)へ申出書を手渡す佐藤市長     山形市と一緒に申出を行った甲府市長(左から
                        3番目)と寝屋川市長(右)






 


このページの作成・発信部署