現在の位置
市政情報
委員会
監査委員
監査委員について

監査委員について

ページID : 101175

監査委員とは?

監査委員は、地方自治体(都道府県や市町村)が、お金を正しい手続きで収入・支出しているか、公正で効率的な仕事をやっているか監査し、必要な場合は市長に指摘をしたり、意見を述べたりします。昭和21年(1946年)に制度が発足し、各自治体に2人から4人となっていて、県知事や市町村長が議会の同意を得て選任します。
 

山形市の監査委員について

監査委員は、普通地方公共団体の長が、議会の同意を得て、人格が高潔で、普通地方公共団体の財務管理、事業の経営管理その他行政運営に関し優れた識見を有する者及び議員のうちから、これを選任する。(地方自治法第196条)とされています。これを受けて、山形市の監査委員は識見(しきけん)監査委員2名、議員選任監査委員2名で構成されています。識見監査委員の任期は4年ですが、議員選任の監査委員については議員の任期内で定められています。

山形市監査委員(令和3年5月20日現在)
 
識見 代表監査委員 玉 田 芳 和 平成29年4月1日選任
識見 村 山 秀 幸 令和2年7月1日選任
議員選任 菊 地 健太郎 令和3年5月20日選任
議員選任 武 田   聡 令和3年5月20日選任
 

監査委員事務局について

監査委員に関する事務を処理するため監査委員事務局が設置されています。監査委員事務局には事務局長、書記、その他の職員が置かれ、事務局長は監査委員の命を受け、また書記その他の職員は上司の指揮を受け、それぞれ監査委員に関する事務に従事します。山形市監査委員事務局は事務局長以下9名の職員で構成されています。
 


 

このページの作成・発信部署