現在の位置
市政情報
市の計画
「商工農業」に関わる計画
人・農地プランについて

人・農地プランについて

ページID : 101079

「人・農地プラン」とは、人と農地の問題を解決するための「未来設計図」です

農業従事者の高齢化や担い手不足が心配される中、5年後、10年後までに、誰がどのように農地を使って農業を進めていくのかを地区の話し合いに基づきまとめる計画(プラン)です。

地区で話し合っていただく内容

・今後の地区の中心となる経営体(個人・法人等)はどこか
・地区の中心となる経営体へどうやって農地を集めるか
・地区の中心となる経営体とそれ以外の農業者(兼業農家、自給的農家)を含めた地域農業のあり方(生産品目、経営の複合化、6次産業化)など
※策定した「人・農地プラン」は、新規就農者や集落営農の組織化等により新たに地区の中心となる経営体ができた場合など、地区の事情の変化に応じて見直しが可能です。
 

人・農地プラン(平成30年12月更新)の公表

人・農地プラン検討会において、審査・検討を行なったところ適当と認められましたので、次のとおり公表します。
※今回、更新された地区は9件です。(下記の地区名をクリックすると公表内容が表示されます)
・楯山、山寺、高瀬
・出羽
・明治
・金井
・大郷
・南沼原
・飯塚、椹沢
・村木沢
・本沢
 

人・農地プラン(平成31年2月更新)の公表

人・農地プラン検討会において、審査・検討を行なったところ適当と認められましたので、次のとおり公表します。
※今回、更新された地区は10件です。(下記の地区名をクリックすると公表内容が表示されます)
・旧市
・鈴川
・楯山、山寺、高瀬
・明治
・金井
・大郷
・滝山
・村木沢
・南山形
・本沢
 

今年度、人・農地プランの変更がなかった地区(5件)

 ※直近の更新プランについて掲載しています。
・千歳
・東沢
・西山形
・大曽根
・蔵王
 

人・農地プランに位置づけられると受けることができる支援

1.農業次世代投資事業(経営開始型)
新規就農する方に経営が不安定な就農直後(最長5年)、年間最大150万円の給付金が給付されます。
★農業次世代人材投資事業の詳細について(農林水産省HP)

2.スーパーL資金の当初5年間無利子化(認定農業者)
地区の中心となる経営体として位置づけられた認定農業者が借入れるスーパーL資金について、貸付当初5年間の金利が助成によって実質無利子化されます。
★スーパーL資金の金利負担軽減措置の詳細について(農林水産省HP)

◎「人・農地プラン」の見直しや新たにプラン作成時に行う地区での話し合いには、地区内の農業者をはじめ、新規就農希望者や農地の出し手等の方も是非ご参加ください。
日程等については、山形市農政課までお問い合わせください。


 

このページの作成・発信部署