現在の位置
市政情報
市の計画
「まちづくり」に関わる計画
山形市都市計画マスタープラン地域別構想

山形市都市計画マスタープラン地域別構想

ページID : 107032

地域別構想の役割

地域別構想とは

 地域別構想は、山形市全体のまちづくりの方針を示した「全体構想」や「分野別構想」における各地域の位置づけ等を踏まえ、市内を25地区(都心地域5地区+コミュニティセンター区20地区)に区分し、地域特性に応じた地域ごとのまちづくりの方針を示すものです。
 策定にあたっては、地域固有の特徴や課題に対応した構想とするために、平成29年度より地域ごとにまちづくりについての意見交換会や勉強会を重ね、できる限り多くの地域住民の皆様の意見を反映しながら、策定作業を進め、順次公表していきます。
 

地域区分の考え方

 都心地域については、歴史的な経過や地理的条件、地域特性などから、ある一定のまとまりをもってまちづくりを考える地域として東西南北中央の5つの地域に区分します。
 都心地域以外の地域については、旧村単位の地域ごとに地域づくりの拠点としてコミュニティセンターが設置され、それぞれの地域ごとに独自のまちづくり活動を展開していることから、旧村区域により20の地域に区分します。

 これまでの意見交換会等の開催状況についてはこちら
 

山形市都市計画マスタープランの構成

 山形市都市計画マスタープランは、まちづくりの方向性や将来都市構造などを示す「全体構想」、都市を構成する土地利用や交通体系など分野ごとにまちづくりの基本的な考え方や整備方針を示す「分野別構想」、地域ごとの特性や課題に対応し、地域のまちづくりの方針を示す「地域別構想」から構成され、実現化に向けた戦略につなげていきます。




 平成29年3月に策定した全体構想・分野別構想についてはこちら
 

地域別構想のダウンロード

金井地区
楯山地区
高瀬地区
南沼原地区
山寺地区
鈴川地区
椹沢地区
千歳地区
飯塚地区
出羽地区
東沢地区
明治地区
村木沢地区
※策定した地区から順次公表していきます。

 

このページの作成・発信部署