現在の位置
市政情報
まちづくり
公園
山形市みどりの基本計画を見直しました

山形市みどりの基本計画を見直しました

ページID : 106497

    

緑の基本計画とは

 緑の基本計画は、都市緑地法第4条第1項の規定に基づき、緑地の適正な保全及び緑化の推進に関する措置を総合的かつ計画的に実施するため、市町村が定める「緑地の保全及び緑化の推進に関する基本計画」です。


緑の基本計画見直しの概要

 山形市では、平成11年3月に緑の基本計画を策定し、公園・緑地等に関する様々な施策を推進してきました。

 しかし、策定から20年近くが経過し、地球温暖化の進行や少子高齢化の進展、市民生活の多様化など、社会情勢が大きく変化する中、「みどり」の果たす役割はますます重要になってきています。また、緑の基本計画の上位計画として、平成28年3月に「山形市発展計画」を策定し、平成29年3月には「山形市都市計画マスタープラン」を改訂しました。

 こうした状況に対応して、上位計画との整合性を図り、目指すべき山形市のみどりの将来像を創り上げていくため、緑の基本計画を見直ししました。

 

※なお、コミュニティや心身の健康など幅広いイメージとして捉えるため、計画の表記を「緑の基本計画」から「みどりの基本計画」に変更しました。
 

計画のテーマ

 人と「みどり」の環が広がるまち 山形
 ※長期的な視野で取り組む必要があるため、前計画のテーマを引き継いでいます。

 

緑地の配置方針

 みどりの基本計画のテーマである『人と「みどり」の環が広がるまち 山形』を実現させるために、環=ネットワークと捉え、基本方針及び計画の目標を踏まえたうえで、「環境の保全及び改善(生態系の保全)」「景観形成」「コミュニティの形成」の3つの「みどり」の役割別のネットワークにおける緑地の配置方針を定めます。


計画の目標年次

 平成47年度(2035年度)とします。

 

計画対象区域

 基本的には都市計画区域を対象としますが、景観など必要に応じて都市計画区域外の区域も含めます。

 

計画の目標水準の考え方                                      

 平成27年度現在の都市公園及び都市公園と同様に利用されている施設(河川敷の多目的広場やべにっこひろば等)の面積が513.37ha、一人当たりの都市公園等面積が20.89㎡で、前計画の目標である一人当たり20㎡を上回っていることから、本計画ではみどりの量の確保に加え、新たに質の向上に関する取組みを展開します。

 

みどりの目標                                   

①緑地の確保目標

指標

平成27年度(2015年度)

平成47年度(2035年度)

都市計画区域

市街化区域

都市計画区域

市街化区域

緑地面積

4,979ha

260ha

5,055ha

305ha

区域面積に対する割合

31%

6%

32%

7%

 

②都市公園等の整備目標

指標

平成27年度(2015年度)

平成47年度(2035年度)

   一人当たりの都市公園等面積

  (都市公園等の整備量)

20.89

513ha

20㎡以上

542ha

 

③安全安心な公園の目標

指標

平成27年度(2015年度)

平成47年度(2035年度)

  長寿命化計画に基づく遊具等の
  更新施設数

35施設

421施設

 

④中心市街地の「みどり」の目標

 ・中心市街地活性化公園の再整備目標

指標

平成27年度(2015年度)

平成47年度(2035年度)

  中心市街地活性化公園の再整備

新設1公園、再整備5公園

 

 ・中心市街地の緑化目標

指標

平成27年度(2015年度)

平成47年度(2035年度)

   市民アンケートによる中心市
   街地に対する「みどり」の量
   に関する設問で「少ない」と
   いう回答の割合を減少させる。

61.60%

50%未満

 

⑤市民の緑化活動の目標

指標

平成27年度(2015年度)

平成47年度(2035年度)

花育を実施する保育園・幼稚園数

57施設

全施設で実施

園芸福祉を実施する福祉施設数

2施設

半数以上で実施


基本方針                                      

1.まちの風景である「みどり」をまもる

 山形市の代表的な景観を形づくり、環境問題対策や生物の生育、減災において大切な森林や田園、樹木・樹林などを未来に残し後世に受け継ぐため、保全を図ります。

 

森林の保全と活用

 ①森林の保全

 ②森林の活用

 ③自然景観の保全
 

樹木樹林の保全

 ①保存樹木等の保全と継承

 ②天然記念物の保護

 ③市街地や地域に残る樹林地の保全
 

農地の保全と活用

 ①農地の保全

 ②農地の活用








2.「みどり」の基盤となる公園・緑地をつくる

 公園・緑地は、都市のみどりにおける土台ともいえる欠かすことができない重要な施設であるため、公園空白区域の解消や公園・緑地の適切な維持管理、遊具等の公園施設の計画的な更新、バリアフリー化の推進など、市民が安全で安心して利用できる公園・緑地の整備を進めます。

 

安全安心な公園・緑地づくり

 ①適正な維持管理

 ②施設の長寿命化

 ③公園・緑地のバリアフリー化

 ④避難場所としての適正な維持管理
 

身近な公園・緑地づくり

 ①街区公園の整備の方針

 ②地区公園の整備の方針

 ③都市緑地の整備の方針

 ④公園空白区域(※1)における都市公園
      の整備の方針

 ⑤減災の観点による都市公園の整備の方針
 

魅力ある公園・緑地づくり

 ①民間活力の導入

 ②民間事業者による公園施設の設置管理

 ③公園・緑地の活性化  

 ④公園機能の再編
 

都市公園以外の公園づくり

 ①多目的広場などの整備や野草園の維持管理

 ②児童遊園の整備と維持管理

 ③農村公園の活用と維持管理

 ④「べにっこひろば」の活用と維持管理








 


3.まちの拠点や軸となる「みどり」をつくる

 人々が集う公共公益施設等における樹木の保全や花壇への植栽などを、緑化活動の足場となるみどりの拠点と位置づけ、河川環境の保全と活用や道路の緑化推進によってみどりの連続性による軸を形成し、みどりの基盤である公園・緑地とともに、みどりのネットワークの形成を図ります。

 

河川の保全と活用

 ①馬見ヶ崎川の保全と活用

 ②須川の保全と活用

 ③その他河川の保全と活用
 

山形五堰の保全と活用

 ①山形五堰を活用した親水空間の整備と保全

 ②山形五堰の保全
 

道路の緑化

 ①街路樹の整備推進

 ②街路樹の保全

 ③景観に配慮した道路の整備
 

公共公益施設の緑化

 ①樹木の保全

 ②敷地緑化の推進





 

4.花と「みどり」につつまれたまちをつくる

 住宅地、工業地、商業地、それぞれの土地利用の状況に応じた緑化を推進し、美しい景観や潤いのある街並みを生み出し、まちへの愛着や市民生活に活力がもたらされるよう、花によるみどりの創出を図ります。
 

住宅地の緑化

 ①敷地緑化の促進
 

工業地の緑化

 ①緩衝緑地の整備の促進

 ②敷地緑化の促進

 ③工場立地法及び公害防止協定に基づく
      緑化の促進

 

商業地の緑化

 ①敷地緑化の促進

 ②緑化スペース確保の促進


まちづくりの制度を活用した緑化

 ①地区計画制度の活用

 ②まちなみデザインに関する協定制度の活用

 ③景観に関するガイドライン等の活用





 

5.市民とともに「みどり」をつくる

 みどり豊かなまちづくりを目指し、身近にみどりにふれあえる環境をつくりだすためには、地域や団体、個人など、多くの市民による緑化活動を促進し、組織や人材の育成、支援体制の充実に努めながら、市民とともに様々な緑化推進への取り組みを図ります。
 

市民参加による「みどり」づくり

 ①市民参加による「みどり」づくり

 ②「みどり」を通した地域活動の促進

 ③「園芸福祉」(※2)への取り組み

緑化を支える組織や人材の育成

 ①組織や人材の育成・支援等

 ②「みどり」に関する相談の充実

 

「みどり」に親しむ環境づくり

 ①「花育」(※3)などへの取り組み

 ②室内緑化の普及

 ③「みどり」による健康づくり


「みどり」の普及啓発の充実

 ①「みどり」のイベントの充実

 ②広報活動の充実

 ③顕彰制度の充実

 ④花苗生産活動への取り組み


グリーン・マネジメント・サイクル
(みどりの循環)の構築

 ①「みどり」の創出

 ②「みどり」の適正な維持管理

 ③木材資源としての活用





  (※1)公園空白区域・・・市街化区域における都市公園の誘致圏域以外の区域で、
                                     一団となって概ね20ha以上の面積を有する区域

 

(※2)園芸福祉      ・・・花苗の配付や園芸技術指導などの物的・人的支援を通じて、
                福祉施設利用者がみどりに親しむ機会を創出する活動

 

(※3)花育            ・・・花苗の配付や園芸技術指導などの物的・人的支援を通じて、
                    子供達がみどりに親しむ機会を創出する活動


計画の推進に向けて                                      

 本計画を実効性のあるものとするためには、市民や事業者の皆さんと行政が連携し、目標を共有しながら取り組むことが不可欠となりますので、身近な場所での緑化活動にご協力をお願いします。

 


このページの作成・発信部署