現在の位置
市政情報
情報政策・IT
情報政策・IT
山形市情報セキュリティポリシー

山形市情報セキュリティポリシー

ページID : 100502

情報セキュリティポリシー(information security policyとは

 情報セキュリティポリシーとは、情報システム(以下「情報資産」という。)の情報セキュリティ対策(情報漏えい、情報改ざんや不正アクセスからの保護など)について、総合的・体系的かつ具体的にとりまとめたものです。

 

山形市情報セキュリティポリシー制定の意義

 本市は、市民のプライバシーに関するものをはじめとして機密性の高い情報を数多く保有し、また、行政事務を行うにあたってはコンピュータや情報通信ネットワークといった情報資産が欠かせないものとなっています。一方、市民生活においてもインターネットの急速な普及をはじめとして情報のネットワーク化が確実に進展し、ありとあらゆるところで、私たちはその恩恵を享受することができるようになりました。
 しかしながら、情報の電子化は大きな利便性をもたらす反面で、不正アクセスやコンピューターウイルス等によって、情報資産が漏洩したり改ざんされるといった脅威も現実のものとなっています。また、職員等による情報資産の不適切な取り扱い、さらには火災や地震等の災害による脅威も存在します。
 このため本市では、こうした脅威から情報資産を守り、電子市役所の推進と市民の信頼にこたえるため、山形市情報セキュリティポリシーを策定しています。情報セキュリティポリシーとはどのような情報資産を、どのような脅威から、どのようにして守るのかというルールを取りまとめたものです。本市の情報資産を取り扱う全てのものが情報セキュリティの重要性を認識し、山形市情報セキュリティポリシーを遵守します。
 

山形市情報セキュリティポリシー (PDF形式)
 
 

このページの作成・発信部署