現在の位置
市民の皆さんへ
防災・消防・安全
交通安全
自転車は「くるまのなかま」です。          ~ルールを守って安全に走行しましょう~

自転車は「くるまのなかま」です。          ~ルールを守って安全に走行しましょう~

ページID : 103471
自転車は「くるまのなかま」になりますので、原則として、車道を走行しなければなりません。
自転車に乗るときは、ルールを守って安全な運転を心がけましょう。また、車の運転者や歩行者も、自転車のルールを知って、お互いに思いやり、交通安全を心がけましょう。

守ろう!自転車安全利用五則

1自転車は、車道が原則、歩道は例外

道路交通法上、自転車は「軽車両」と位置づけられていますので、歩道と車道の区別があるところでは、車道を通行するのが原則です。
ただし、例外として次のような場合は、自転車が歩道を通行できます。

道路標識や道路標示で指定された場所

運転者が13歳未満の子ども、70歳以上の高齢者、身体の不自由な方の場合

車道や交通の状況からみてもやむを得ない場合

また、自転車道がある道路では、やむを得ない場合を除き、自転車道を通行しなければなりません。

2車道は左側を通行

自転車は、車道の左側に寄って通行しなければなりません。右側通行は禁止されています。
また、自転車が通行できる路側帯は道路の左側部分に設けられたものに限ります。

3歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

歩道は歩行者優先です。自転車が歩道を通行するときは、車道寄りの部分を徐行しなければなりません。
また、歩行者の通行を妨げるような場合は、一時停止しなければなりません。

4安全ルールを守る

夜間はライトを点灯

夜間は、前照灯及び尾灯(または反射材)をつけなければなりません。
無灯火の自転車は、相手側からも発見されにくく危険ですので、ライトを点灯させましょう。

飲酒運転は禁止

自転車も飲酒運転は禁止されています。酒気を帯びて自転車を運転してはいけません。

二人乗りは禁止

自転車の二人乗りは、6歳未満の子どもを幼児用座席に乗せるなどの場合を除いて、原則として禁止されています。

並進は禁止

「並進可」の標識があるところ以外では、並んで走ってはいけません。

信号を守る

信号は必ず守りましょう。「歩行者・自転車専用」信号機がある場合は、その信号に従いましょう。

交差点での一時停止と安全確認

「止まれ」の標識がある場所では、必ず一時停止しましょう。
「止まれ」の標識がなくても、見通しの悪い交差点では、必ず徐行し、左右をよく見て安全に通行しましょう。

5子どもはヘルメットを着用

道路交通法では、保護者は児童・幼児を自転車に乗せるときはヘルメットをかぶらせるよう努めることとされています。
児童・幼児の保護責任者は、子どもの安全のために、ヘルメットをかぶらせるようにしましょう。

自転車安全利用五則のチラシ(pdf形式)をご覧ください。

「~ながら運転」はやめましょう

携帯電話やスマートフォンを使いながらの運転

片手運転でふらつきやすく、周囲を見ていないため、事故にあったり、歩行者にぶつかってけがをさせたりするおそれがあります。

傘さし運転

バランスを崩しやすいほか、傘によって前方の視界が遮られ、前方不確認となるおそれがあります。

イヤホンやヘッドホンで音楽を聴きながらの運転

音楽に気をとられて注意散漫になったり、後ろから近づいてくる車の音が聞こえなかったりして、事故にあう危険性が高まります。

なお、ここでは自転車に乗るときに守るべきルールのうち、とくに重要なものを取り上げていますが、自転車については、このほかにもさまざまな交通ルールがあり、道路交通法により罰金等の罰則が設けられています。

ほっとなる通り(十日町・本町・七日町)の自転車の通行ルール

ほっとなる通りは、歩行者・自転車・車が安心して通行できるよう、自転車道が設置されています。
自転車と歩行者の安全・安心のため、ルールを守って正しく乗りましょう。

自転車道では、矢印の方向に一列で走行しましょう。逆走は禁止されており、危険ですので絶対にやめましょう。

停車帯やバス停では、手前で徐行し、乗降者や歩行者に注意しましょう。バスが停車しているときは、停止線で止まって待ちましょう。

自転車は「くるまのなかま」です。車用信号に従って走行しましょう。

とくに、スクランブル交差点の場合、歩行者用の信号で横断できるのは、歩行者として自転車を降りて押して歩くような場合に限られます。
自転車に乗って横断する場合は、必ず車用の信号に従って横断しましょう。

スクランブル交差点の通行方法のチラシ(pdf形式)をご覧ください。

自転車は、乗れば「くるま」になり、押して歩けば「歩行者」になります。正しいルールとマナーを守って、安全に利用しましょう!

このページの作成・発信部署