現在の位置
市民の皆さんへ
防災・消防・安全
火災
全ての飲食店に消火器の設置が義務付けられます

全ての飲食店に消火器の設置が義務付けられます

ページID : 107310
 平成28年12月に糸魚川市で発生した大規模火災を受け、これまで消防法令で消火器の設置義務がなかった延べ面積150㎡未満の飲食店にも平成31年10月1日から消火器を設置しなければなりません。
 

新たに消火器が必要となる飲食店

 飲食店で、次のすべてに該当する場合は、消防法施行令第10条に基づき、消火器の設置が義務付けられます。

1 建物の延べ面積が150㎡未満のもの。

  ※建物全体の面積が150㎡以上の場合は、従前から設置が必要です。

 

2 飲食物を提供するため、調理を目的として、火を使用する設備又は器具を設けているもの。

  ※火を使用する設備又は器具に、防火上有効な措置(調理油過熱防止装置、自動消火装置など)
   が講じられている場合は、消火器の設置が必要ありません。

 詳しくはこちらをご覧ください。(飲食店消火器リーフレット)

 消火器の点検報告を飲食店関係者が自ら行う場合はこちらをご覧ください。(総務省消防庁HP)

このページの作成・発信部署