現在の位置
市民の皆さんへ
防災・消防・安全
防災
事業所等に法令に基づき設置している消火器について

事業所等に法令に基づき設置している消火器について

ページID : 108016

 事業所等に法令に基づき設置している消火器は、火災が発生した時に確実に作動し機能を発揮できるように維持管理をしなければならないため、消防法では定期的に点検し、その結果を消防長又は消防署長に報告することを義務付けています。

 その点検報告について、下記の場合は点検基準に従ってご自身で点検し報告することができます。

 

自ら行う消火器の点検報告について

自ら点検を行える範囲

・延べ面積が1,000㎡未満のもの

・建物に階段が1つで、3階以上の階又は地階に飲食店や店舗がないもの

 

点検要領及び報告

・製造年から3年(加圧式)又は5年(蓄圧式)を経過したものは、専門的な知識及び工具等を用いた点検が必要となります。
・点検要領及び点検票記入要領についてはこちらをご覧ください。
 「自ら行う消火器の点検報告」(総務省消防庁)
・報告する際は点検結果報告書を2部提出して下さい。1部は控えとしてお返しします。

 

このページの作成・発信部署