現在の位置
市民の皆さんへ
防災・消防・安全
防災
山形市内の活断層上にある市有施設の調査結果について

山形市内の活断層上にある市有施設の調査結果について

ページID : 104817
 山形市では、平成28年熊本地震の発生を受け、山形市西部に存在する「山形盆地断層帯」上及び市東部に存在する「半郷断層」上にある市有施設について調査しました。

1 調査結果
(1)山形盆地断層帯上の市有施設 
番号 
施設名
建築年度
耐震化(※)
今後の対応等
         1
                    村木沢小学校
校舎
                      昭和46~47年度
 
建物が活断層の直上になく、耐震化されているため、当面は現状の利用を続ける。
                            屋内運動場
 
昭和52年度

村木沢コミュニティセンター
 
平成26年度
建物が活断層の直上でなく、耐震化されているため、現状の利用を続ける。
西山形小学校
校舎
昭和39年度
×
平成17年度応急補強工事済み、当面は現状の利用を続ける。
                 建替えにより耐震化を図る予定

校舎
 
昭和54年度
建物が活断層の直上になく、耐震化されているため、当面は現状の利用を続ける。

屋内運動場
 
昭和54年度

西山形コミュニティセンター
 
昭和52年度
×
平成30年度建替え工事、平成31年度移転予定
西部児童館
昭和43年度
×
西山形コミュニティセンター建替え後、コミセンへ機能を移設する予定
(2)半郷断層上の市有施設 
   該当施設なし


2 調査方法
 国土地理院地図「都市圏活断層図」を使用し、地図上で断層の両脇概ね50メートル以内(※)に設置されている市有施設を調査しました。
 ※ 断層の両脇概ね50メートル以内・・・県の調査に準拠

3 山形県の活断層に関するリンク
 ・山形県の活断層(山形県ホームページ)
 ・
山形県に係る都市圏活断層図(国土地理院ウェブサイト)

このページの作成・発信部署