現在の位置
市民の皆さんへ
保健・医療
成人の健診
胃がんリスク層別化検査(ABC分類)

胃がんリスク層別化検査(ABC分類)

ページID : 105925
胃がんは喫煙や食生活などの生活習慣やヘリコバクター・ピロリ菌の持続感染などが原因と
されており、WHO(世界保健機構)では、ピロリ菌が胃がんの発がん性物質と認定しています。
胃がんリスク層別化検査(ABC分類)は、がんそのものを見つける検査ではなく、血液検査により
ピロリ菌感染の有無と胃粘膜萎縮状態を組み合わせて胃がん発生のリスクを判定します。
 

対象者

40歳以上で検診当日胃がん検診(胃バリウム造影検査)を受けた方で、胃がんリスク層別化検査(ABC分類)
を希望する方。ただし、以下に該当する方は結果が正しくでない等の理由で対象になりません。
 ⑴ 食道、胃、十二指腸に係る疾患の治療をしている方
 ⑵ 胃酸の分泌を抑える薬(プロトポンプ阻害薬)を服用している方、又は2か月以内に服用していた方
 ⑶ 胃切除後の方
 ⑷ 腎不全(クレアチニン値3mg/dl以上)の方
 ⑸ ヘリコバクター・ピロリ菌の除去歴のある方
 ⑹ 過去に胃がんリスク層別化検査(ABC分類)を受けた方
 

検査項目

問診、血液検査(ヘリコバクター・ピロリ抗体、血清ペプシノゲン)
 

検査の受け方と申し込み

検査は胃がん検診(胃バリウム造影検査)と一緒に受診することになります。胃がん検診を申し込みのうえ、
胃がんリスク層別化検査(ABC分類)を申し込んでください。胃がんリスク層別化検査(ABC分類)だけを
受けることはできません。
受け方は、集団健診・個別健診・山形市国保ミニドック検診の3通りで、年度内(4月~翌年3月)に
いずれか1つの方法を選んで受診してください。
 
□集団健診
①地区公民館・コミュニティセンター等での集団健診
H29年度 健診べんり帳(PDF)
*ファイル3ページ「集団健診での受診会場予定表」をご覧ください。
健診のお知らせが届いた方は、同封の「申し込みハガキ」に必要事項をご記入の上、締切日までにご投函ください。
※「申し込みハガキ」は「健康診査のお知らせ」とともに、山形市国民健康保険に加入している方、
40歳、61歳になる全員、41歳から74歳の方で、過去2年間に市の健診を受診した方に届きます。
(お住まいの地区健診日の約2カ月前)
健診のお知らせが届かない方、お住まいの地区健診日以外の日程で受診を希望される方は、健康課まで
お申し込みください(健診日の15日前まで)。
 
②センター内集団健診(山形市医師会健診センター(深町)・山形検診センター(蔵王成沢))
・詳しくはこちらをご覧ください。
H29年度 健診べんり帳(PDF)
*ファイル4ページ「センター内集団健診」をご覧ください。
 
 センター内集団健診は、直接センターへお申し込みください(健診日の15日前まで)。
□個別健診
市内の個別健診実施医療機関(胃がん検診実施医療機関(山形済生病院を除く))での実施となります。
医療機関に直接「市が行う健診を受けたい」とお問い合わせください。
H29年度 健診べんり帳(PDF)
*ファイル5ページ「個別健診実施医療機関名簿」をご覧ください。
 
□山形市国保ミニドック検診(市立病院済生館を除く)
申し込み方法等、詳しくは「広報やまがた15日号」で受け入れのある時に掲載しますので、ご覧ください。
 

料金

集団健診   500円
個別健診 1,000円
山形市国保ミニドック検診  500円
65歳以上の方も、検査料金は無料にはなりません。また、市民税非課税世帯の方、生活保護世帯の方、
中国残留邦人等支援給付を受けている方が属する世帯の方も、申請により無料になることはありません
ので、ご了承ください。
 

注意事項

・現在治療中の方、経過観察中の方、体調の悪い方は医療機関に相談してください。
・胃がん発生の危険性が低くても、定期的に胃がん検診を受けましょう。また、詳しい検査が必要となった場合には、
 医療機関を受診してください。
 

このページの作成・発信部署