現在の位置
市民の皆さんへ
保健・医療
健康づくり
蚊対策について

蚊対策について

ページID : 104957
 
 近年話題となっているジカウイルス感染症(ジカ熱)やデング熱の原因となるウイルスは、これらの感染症に感染した人の血を吸った蚊(日本ではヒトスジシマカ)の体内で増え、その蚊がまた他の人の血を吸うことで感染を広げていきます。
 
 蚊から病気をうつされないためには、海外の流行地域へ出かける際は、できるだけ肌を露出せず、虫除け剤を使用するなど、蚊に刺されないよう注意してください。
 また、日本では、蚊が発生するのは気温が上昇する5月頃からです。ヒトスジシマカは5月中旬から10月下旬ころまで活動しますので、以下のことに気をつけましょう。

 

蚊をできるだけ発生させない

 ヒトスジシマカの発生を防ぐには、空き缶や植木鉢の皿など住まいの周囲の水たまりをなくすことで、蚊の数を減らすことができます。
 

蚊に刺されない

 やぶなどの蚊がいそうな場所にいくときは、肌を露出せず、虫除け剤を使用するなど、蚊に刺されないように注意しましょう。
 
  
ジカウイルス感染症(ジカ熱)を防ぐためのポイントなどについて、詳しくはこちらをご覧ください。
                    ↓
政府広報オンライン「何が危ない?どう防ぐ?ジカウイルス感染症(ジカ熱)予防のポイント」 へリンク
 
厚生労働省「ジカウイルス感染症について」 へリンク
 

このページの作成・発信部署