現在の位置
市民の皆さんへ
保健・医療
保健事業
「山形市新型インフルエンザ等対策行動計画」について

「山形市新型インフルエンザ等対策行動計画」について

ページID : 101313
 新型インフルエンザは、ほとんどの人がこの新型のウイルスに対する免疫を持っていないため、ひとたび発生すると世界的な大流行となり、大きな健康被害と社会的影響をもたらすことが懸念されます。
 平成25年4月に新型インフルエンザ等対策特別措置法が施行され、新型インフルエンザやこれと同等の危険性のある新感染症が発生した場合には、国家の危機管理として対応するため、国、県、市町村は行動計画を策定し、実施体制等を整備することとなりました。
 このような趣旨から、山形市では、平成26年6月に「山形市新型インフルエンザ等対策行動計画」を策定しました。
 
 
 

計画の概要

 

計画の位置づけ

 新型インフルエンザ等対策特別措置法、政府・山形県の行動計画に基づく計画であり、市の基本的な方針と市が行う具体的対策を示しています。
 

主な内容

対策の目的

(1)感染拡大を可能な限り抑制し、市民の生命及び健康を保護すること。
(2)市民生活及び市民経済に及ぼす影響を最小限に抑えること。
 

役割分担

 国、県、市、医療機関、一般の事業者、市民それぞれが、新型インフルエンザ等対策を進めるため、役割を担っています。そのなかで、市の主な役割としては、以下の5項目となります。
市における対策の主要5項目
1.実施体制
2.情報収集・提供及び相談
3.予防・まん延防止及び医療
4.予防接種
5.市民生活及び市民経済の安定の確保

 また、市民の役割としては、マスク着用、咳エチケット、手洗い、うがい等個人での感染対策に努めることや、新型インフルエンザ等が発生した時に備え、食料品、マスク、生活必需品等を備蓄しておくことが大切です。
 
 
「山形市新型インフルエンザ等対策行動計画」の詳しい内容については、下記の添付ファイルをご覧ください。
また、参考資料として「インフルエンザの基礎知識」も掲載しておりますので、あわせてご覧ください。
 

このページの作成・発信部署