現在の位置
市民の皆さんへ
福祉
障がい者福祉
補装具の給付

補装具の給付

ページID : 100967

補装具の給付とは

身体の失われた部分や障がいのある部分を補って、日常生活や働くことを容易にする補装具に係る費用(修理費用)を支給します。なお、交付種目、金額、耐用年数等について基準があります。

対象者

 身体障がい者手帳の交付を受けている方及び、対象の難病に罹患している方が対象になります。ただし、障がいの種別、等級、難病の種別によって給付される補装具の種目が違います。手帳に記載の障がい名に応じたものとなります。
 なお、市町村民税所得割額が46万円以上の世帯は対象外となるほか, 介護保険の適用を受けることのできる方は、介護保険制度が優先されます。
 
 ※難病の方が利用できる障がい福祉サービスについては、「難病の方が利用できる障がい福祉サービス等について」のページをご覧ください。
 ※難病の方が受給できる補装具の品目については、お問合せください。
 

種目

 盲人安全つえ、義眼、眼鏡、補聴器、義肢、装具、車いす、歩行補助つえ等

申請手続

申請先は、山形市役所2階28番窓口です。申請には、所定の申請書、指定医による意見書 、補装具の見積書、世帯の課税状況を確認できる書類(転入者のみ)、身体障がい者手帳、印鑑が必要です。ただし、種目によっては指定医による意見書が不要な場合もありますので、詳しくはお問い合わせください。

補装具費(購入・修理)支給申請書(PDFファイル 138kB)
世帯状況・収入等申告書(PDFファイル 171kB)
補装具費支給意見書(PDFファイル 96kB)
補装具費支給意見書(イヤモールド交換)(PDFファイル 111kB)
補装具費支給意見書(補聴器)(PDFファイル 205kB)


※上記の持ち物に加えて、個人番号確認書類が必要です。詳しくは「個人番号(マイナンバー)制度」がスタートしました(PDF)をご覧ください。
 

費用

 市町村民税非課税世帯は0円,市町村民税課税世帯は1割負担(負担上限月額37,200円)。

 

このページの作成・発信部署