療育手帳

ページID : 100804

療育手帳について

療育手帳制度は、手帳を提示することにより,知的障がい児(者)が各種の援助措置を受けやすくすることを目的にしたものです。
障がいの程度は、A(重度障がい)とB(中軽度障がい)に分かれており、その判定は、18歳未満の児童は児童相談所、18歳以上の方は知的障がい者更生相談所で行われます。
 

対象者

 児童相談所または知的障がい者更生相談所で知的障がい(児)者であると判定された方。
 

申請等の手続

交付申請 対象者の顔写真(縦4cm×横3cm)と印鑑をお持ちになり、市役所2階の障がい福祉課(28番窓口)へ申請してください。申請後、18歳未満の方は児童相談所、18歳以上の方は知的障がい者更生相談所で判定を受けていただき、その判定に基づき障がい等級の記載された療育手帳が山形県より交付されます。
程度確認 療育手帳の交付後、障がいの程度を確認するため、再判定を受けていただく必要があります。その時期は療育手帳に記載された「次の判定年月」です。山形市より通知をお送りしますので、忘れずに交付申請のときと同様の申請を行ってください。(このときは特別の場合を除き写真は必要ありません。)
変更 届 療育手帳の交付後に、住所、保護者氏名等の変更が生じたときには、記載事項変更届及び療育手帳への記載事項の訂正が必要となりますので、療育手帳と印鑑をお持ちになり市役所2階の障がい福祉課(28番窓口)にお越しください。
再交付 療育手帳の交付後に、療育手帳をなくしたとき、き損したときなどには、再交付の申請を行うことができます。印鑑と顔写真(縦4cm×横3cm)をお持ちになり、市役所2階の障がい福祉課(28番窓口)にお越しください。
返還 療育手帳の交付を受けた方が死亡したとき、療育手帳を必要としなくなったときなどには、療育手帳を返還する必要がありますので、療育手帳と印鑑をお持ちになり、市役所2階の障がい福祉課(28番窓口)にお越しください。

このページの作成・発信部署