現在の位置
市民の皆さんへ
福祉
障がい者福祉
難病の方が利用できる障がい福祉サービス等について

難病の方が利用できる障がい福祉サービス等について

ページID : 100843

難病の方が利用できる障がい福祉サービス等について

障害者総合支援法や児童福祉法では、障がい者・児の範囲に難病の方が含まれます。

対象の難病に罹患している方は、身体障がい者手帳の所持の有無に関わらず、必要と認められた障がい福祉サービス等の利用が可能です。


※詳しくは難病の方への福祉サービスのご案内(PDF)をご覧ください。

※障がい者・児については、障がい福祉サービス(介護給付・訓練等給付)、補装具の給付日常生活用具の給付
 障がい児については、障がい児通所支援及び障がい児入所支援等のサービスがあります。

 

対象者

対象の難病(下記「対象疾患一覧」参照)に罹患している方で、一定の障がい程度の状態にある方。

 対象疾患については、難病対象疾患一覧(PDF)からダウンロードしてください。

 障害者総合支援法対象疾患リーフレット(厚生労働省発行).PDFは、こちらからダウンロードしてください。 

 

手続き

障がい福祉サービス等の種類によって手続きの方法は異なりますが、各サービス等に共通して、対象疾患に罹患していることがわかる証明書(診断書または特定疾患医療受給者証等)が必要です。

手続きの詳細についてはお問い合わせください。



 

このページの作成・発信部署