現在の位置
市民の皆さんへ
福祉
高齢者福祉
生活支援の担い手養成研修を開催します。

生活支援の担い手養成研修を開催します。

ページID : 107002
開催主旨
 高齢化の進展に伴い、単身高齢者世帯や高齢者夫婦のみ世帯が増加するなどの世帯構造の変化から、高齢者のニーズは多様化しています。
 高齢者の生活を支えるためには、これまでの介護保険サービスだけでなく、ボランティア、NPO等の多様な主体による緩和した基準の生活支援※・介護予防サービスが重要であり、そのサービスを提供する担い手の養成も必要となっています。また、地域において「ちょっとした困りごと」を解決する互助の仕組みを作っていくために、地域住民の「担い手」を増やすことも必要であるため、高齢者の現状や生活支援に関する基礎知識等を学ぶ研修を実施します。
 ※生活支援・・・掃除、洗濯、調理、買い物など
 
日  時  

令和元年7月26日(金)

 9:30~16:20
 
場  所  
山形市役所7階701AB会議室
 
研修対象者
・介護予防・日常生活支援総合事業における訪問型・通所型サービスA(緩和した基準によるサービス)の従事者及び従事予定者。
・住民主体のボランティア活動を行おうと考えている団体の方。
・高齢者の生活を支える社会貢献に興味のある方。
 
内  容
・山形市の高齢福祉の現状、介護予防・日常生活総合事業について
・高齢者の特徴
・コミュニケーションの基本
・ヘルパーの視点からの自立支援
・緊急時の対応について
・認知症について
・市内における高齢者支え合い活動の事例紹介
 
定  員  
各回 40名

ちらし(PDF)

このページの作成・発信部署