現在の位置
市民の皆さんへ
福祉
高齢者福祉
やまがた生涯現役促進地域連携事業について

やまがた生涯現役促進地域連携事業について

ページID : 106000

「やまがた生涯現役促進地域連携事業」を始めます!

 よりあい茶屋(カフェ) オープン!

このたび、山形市芳野によりあい茶屋(カフェ)がオープンしました。ここは、「やまがた生涯現役促進地域連携事業」の協議会事務所でもあり、シニア世代の就業相談にワンストップで対応します。
 就業相談受付:平日の午前9時~午後4時

また、よりあい茶屋(カフェ)の中で産直市も開催します。(営業開始は5月9日(火)の予定です。)
 

 
 

「やまがた生涯現役促進地域連携事業」とは・・・

厚生労働省では、少子・高齢化が進展する中、健康で意欲と能力がある限り年齢にかかわりなく働き続けることができる生涯現役社会の実現に向けた取組を進めています。その一環として、地方自治体が中心となって構成される「協議会」等からの提案に基づき、地域における高齢者の就労促進に資する事業を幅広く実施することとなりました。
 これを受け、「健康医療先進都市」を市政目標として掲げる山形市においても、高年齢者が住み慣れた地域社会で活躍するとともに、経験、知識を後世代に引き継ぐことが出来る環境整備を行うこと目的として「やまがた生涯現役促進地域連携事業協議会」(以下「協議会」という。)を設立し、山形市ならではの事業構想を提案しました。事業構想に対する厚生労働省ヒアリング、第三者委員会の審議を経て、平成29年3月27日付けで採択され、厚生労働省からの3年間の委託事業として協議会で提案事業を実施することとなりました。
 

「やまがた生涯現役促進地域連携事業」の内容

<事業タイトル>
中核市への移行とともに進む、生涯現役で活躍できるまちづくり事業
<サブタイトル>
「よりあい茶屋(カフェ)」と山形の「人情」「歴史」「文化」「農産物」を活かした、誰もが暮らしやすく、働きやすく、活躍できるまちづくり事業
(1)相談窓口設置事業「よりあい茶屋(カフェ)」の開設
高年齢者の就業マッチングのため、常設のワンストップ相談窓口を設置するほか、高年齢者向けの就職セミナー、事業所向け説明会等を実施します。
(2)「やまがた野菜・果物の広場」
遊休農地を活用し、高年齢者が野菜等の栽培に取り組むとともに、農園で収穫した野菜等の産直市を開催します。
(3)観光ガイド・指導員養成プログラム
市内での観光ガイドや、体験農業等で活躍する指導員の養成のために、講演会や養成講座を開催します。
 

「やまがた生涯現役促進地域連携事業協議会」について・・・

山形市を中心に、山形商工会議所、(福)山形市社会福祉協議会、(公社)山形市シルバー人材センター、(株)山形銀行山形市役所支店から構成されております。その他、オブザーバーとしてハローワークが参加しています。
 

このページの作成・発信部署