現在の位置
市民の皆さんへ
福祉
介護保険
亡くなられたときの介護保険料の手続きについて

亡くなられたときの介護保険料の手続きについて

ページID : 103654
被保険者が亡くなられたとき、介護保険料については以下の場合にお手続きが必要です。
 

介護保険料の清算がある場合

納めなければならない介護保険料額と既に納付済みの金額に差がある場合は、清算が必要です。
 

納付済みの金額の方が多い場合

過誤納金の還付のため、介護保険課より還付通知書が送付されます。還付請求書(はがき)が同封されておりますので、振込用口座等必要事項をご記入のうえ介護保険課までご返信ください。その後、還付金をお振込いたします。
なお、亡くなられた後に支給される年金から介護保険料が天引きされた場合は、年金保険者が還付の可否を決定するまでに数ヶ月以上かかることがあります。
 

納付済みの金額の方が少ない場合

介護保険課より納付書が送付されます。指定の金融機関で納付をお願いします。
 

亡くなられた方が単身世帯の場合

亡くなられた方が単身世帯である場合、相続人である方は、死亡日から1ヶ月以内を目処に以下の「必要なもの」を持って山形市役所介護保険課窓口までお申出をお願いします。(郵送可)
なお、「代理人の承諾について」はこちらをクリックしてダウンロードできますので、ご記入のうえお越しください。
 

 

必要なもの

・介護保険被保険者証
・代理人の承諾について(PDF)

※「代理人の承諾について」を記入されずにお越しいただく場合は、さらに次の2点を持参してください。
・通帳またはキャッシュカード等(還付用口座登録用)
・印鑑
 

お申出先

上記「必要なもの」一式を介護保険課介護保険料係まで持参又は郵送してください。
 
【宛先】
〒990-8540
山形県山形市旅篭町二丁目3番25号
山形市役所 介護保険課 介護保険料係 迄

【郵送される方へ】
介護保険サービスを利用されていた場合、さらにお手続きが必要なことがあります。
お手数ですが、郵送される前に必ず介護保険課まで確認のお電話をお願いします。 

このページの作成・発信部署