現在の位置
市民の皆さんへ
福祉
介護保険
訪問介護(生活援助中心型)の回数が多いケアプランの届出について

訪問介護(生活援助中心型)の回数が多いケアプランの届出について

ページID : 107214

  平成3010月より、利用者の自立支援・重度化防止や地域資源の有効活用等の観点から、訪問介護における生活援助中心型サービスの利用回数が基準回数以上のケアプランについて、保険者への届出が必要です。

 

1 厚生労働大臣が定める回数及び訪問介護

 訪問介護(生活援助中心型サービス)の回数(1月あたり)

要介護度 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
基準回数 27 34 43 38 31

 ※上記の回数には、身体介護に引き続き生活援助が中心である訪問介護を行う場合
  
(生活援助加算)の回数を含みません。

 

2 届出の時期及び期限

  平成30101日以降に、利用者の同意を得て交付(作成又は変更※)をした居宅サービス
 計画により、上記の回数以上の訪問介護を位置付けたものについて、翌月の末日までに届出
 てください。
  
<> 10月に作成したもの → 11月末日までに届出が必要

   ※作成又は変更の内容については別紙
    「生活援中心型サービスが規定回数を超える場合の届出書
    を確認してください。

 

3 提出書類

 (1) 生活援中心型サービスが規定回数を超える場合の届出書

 (2) 居宅サービス計画書「第1表」~「第7表」の写し

   ※居宅サービス計画書「第1表」は、利用者へ交付し署名があるもの

   ※用紙のサイズはA4サイズに統一してください

 (3) 基本情報 

 (4) アセスメント表

 (5)訪問介護計画書の写し

   ※指定居宅介護支援事業所(介護支援専門員)が訪問介護事業所から提供を受けたもの


4 その他

 ・届出内容について、問い合わせることがあります。

 ・給付実績により未届であることを確認した場合等には、届出を求めることがあります。

 ・今回の見直しは、より良いサービスの提供を目的とし、生活援助中心型サービスが一定回
  数以上となったことをもってサービスの利用制限を行うものではありません。


※(参考)
 関連基準等

 


このページの作成・発信部署