現在の位置
市民の皆さんへ
福祉
介護保険
介護保険施設の利用料について

介護保険施設の利用料について

ページID : 102781
介護保険施設に入所(入院)したり、ショートステイを利用した場合は、サービス費用の自己負担(1割または2割)のほかに、食費と居住費(ショートステイの場合は滞在費)が自己負担となります。
ただし、所得に応じて負担限度額が設定(第1段階~第3段階)され、食費や居住費(滞在費)の自己負担が軽減されます。なお、軽減を受けるためには、申請手続きをしていただき、該当者に交付される「介護保険負担限度額認定証」を利用施設へ提示する必要があります。

基準費用額

1日あたりの
食費
1日あたりの居住費(滞在費)の基準費用額
ユニット型個室
ユニット型準個室
従来型個室
(老健・療養型)
従来型個室
(特養)
多床室
1,380円
1,970円
1,640円
1,150円
840円
※上記金額は国が示す平均的な費用(基準費用額)です。実際に負担していただく金額は施設により異なることがあります。

負担限度額(1日当たり)

利用者
負担段階
1日あたりの食費
1日あたりの居住費(滞在費)
ユニット型個室
ユニット型準個室
従来型個室
(老健・療養型)
従来型個室(特養)
多床室
第1段階
300円
820円
490円
320円
0円
第2段階
390円
820円
490円
420円
370円
第3段階
650円
1,310円
1,310円
820円
370円

利用者負担段階

第1段階
・世帯全員が住民税非課税で、老齢福祉年金を受給している方
・生活保護を受給している方
第2段階
・世帯全員が住民税非課税で、年金の収入金額※+合計所得金額の合計額が80万円以下の方
 ※課税年金及び非課税年金(遺族年金・障害年金等)の合計額になります
第3段階
・世帯全員が住民税非課税で、上記第2段階以外の方
 
 
 
 
 

申請方法

 「介護保険負担限度額認定申請書」に必要事項を記入のうえ、市介護保険課(2階26番窓口)へ申請してください。
 該当なった方へは、「介護保険負担限度額認定証」を送付しますので、利用施設へ忘れずに提示してください。提示しないと軽減されない場合があります。
 該当なった場合は、申請いただいた月の初日から適用になります。

施設に長期入所した場合の利用料の目安

申請書


このページの作成・発信部署